裁判長!ここは懲役4年でどうすか/あらすじとネタバレと感想

裁判長!ここは懲役4年でどうすか2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

裁判長!ここは懲役4年でどうすかの概要

制作:2010年 日本
監督:豊島圭介
出演:設楽統(バナナマン)、片瀬那奈。竹財輝之助、日村勇紀(バナナマン)、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

裁判長!ここは懲役4年でどうすかの見どころ

北尾トロのエッセイを実写映画化。スピンオフドラマ『裁判長!トイレ行ってきていいすか』もある。
キャッチコピーは「傍聴、無料。立ち見、不可。」
東京地裁で傍聴した裁判の中から、印象深かったものをピックアップしたエッセイにされており、脚本を書いてくれと言われたライターが裁判を見に行っているうちにのめり込んでいくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

裁判長!ここは懲役4年でどうすかのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ライターをしている南波タモツは前に裁判の脚本を書いたことがあります。しかしこの時は熱血弁護士の話であり、あまりうまくいかずにそれ以来脚本の話はありませんでした。
しかし裁判の脚本ということから女性プロデューサーの須藤に、直接裁判の取材に行ってみて、裁判を題材とした映画の脚本を書いてくれと言われます。南波は次の日から裁判に通い始めるのでした。
そして初めて南波は裁判を見に行って右も左もわからないまま、いろんな裁判を傍聴します。満席だったり自分ひとりだったりといろんな裁判があります。
ある日の事、暴力団の裁判に入ってしまい、組員に囲まれて出られなくなってしまいます。すると傍聴マニアの西村が南波を助けてくれたのでした。そして夜になると西村は傍聴マニアの仲間である谷川と、永田を紹介してくれました。みんなの夢は”逆転無罪裁判”を見ることだと言いますが、逆転無罪裁判は1%以下なのでした。
南波は彼らと一緒に行動しだします。みんなは美人検事マリリンの虜になり、痴漢の裁判では犯人を責め立てる様子を見て自分が責められている気になって妄想しだします。その後永田からマリリンはSMクラブに通っていると聞いて後を付けますが同じビルにSMクラブがある託児所に入って行くのでした。
ある日マリリンと一緒にエレベーターに乗った南波はマリリンに声をかけると他人の裁判をのぞくマネはやめなさいと叱咤されるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

しょげかえって裁判所から足が遠のいていた南波でしたが、西村から電話がかかってきて逆転無罪裁判になりそうな被告人の冤罪運動をしようと誘われます。みんなは母親まで連れてビラを撒き、マリリンにも傍聴するように誘い、違う傍聴マニアにブログ発信を頼んでできる限りのことをして裁判の傍聴に臨みました。
皆が揃った中、被告人が入ってきます。しかし予想を大きく裏切り、「自分がやりました」と言います。
がっかりしながら傍聴仲間と打ち上げをしていると皆も同様でした。
ある日新聞に須藤の記事が載りました。海外での若い男の買春でした。南波が面会に行くと、次は私で脚本を書いてくれというのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました