ことりばこ/あらすじとネタバレと感想

ことりばこ2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ことりばこの概要

制作:2011年 日本
監督:福田陽平
出演:小林美幸、水野真典、福原舞弓、高橋亜由美、星名陽平、田口巧輝、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ことりばこの見どころ

ネット史上最強の怖い話を実写映画化。
大学のサークルである街の海辺のペンションに泊まったことから、ペンションのオーナーに神社には近づくなと言われていたのにもかかわらず近寄って封印されていた「ことりばこ」の封印を解き、惨殺が怒ってしまうというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ことりばこのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学のサークル活動で慎太郎、タケル、真由香、洋子、玲奈はある街に旅行に行き、海辺のペンションに泊まります。慎太郎は4年生で卒業を控えていました。タケルと洋子は付き合っており、玲奈は慎太郎が好きでした。真由香も玲奈が慎太郎の事を好きなことは知っていて相談に乗っていました。
ペンションの管理人戸塚が軽トラックに乗って5人を迎えに来ます。山道を走り、森の中にペンションがありました。ペンションの周りにはゴミ処理場建設反対というプラカードが刺されており、戸塚はここからは歩きだというので軽トラックを降りて歩きました。道の途中で神社があり、戸塚が立ち止まって「この神社には絶対に近づかないでくれ」と忠告しました。ここまで言われると逆に気になり理由を尋ねると蛇が出ると言われます。
5人はペンションに着き、ゆっくりしてから海に繰り出します。夜はバーベキューをして楽しみます。戸塚がもう一度念を押すようにあの神社には近づかないでくれと言い、離れの家に帰りました。
そしてタケルが怖い話をしだします。
同じように大学のサークルでこの近くに泊まった時に神社に行ってしまい、皆が行方不明になりその後ダムの底で見つかったというものでした。その話をした後、神社に行くことになりました。
面白おかしく脅かしたりしながら道を進んでいる時に、タケルだけが様子がおかしくなります。
神社に着き、何事もなくペンションに戻りました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ペンションに着くと洋子が不調を訴えました。タケルは自分のバックをしきりに気にしています。
朝になり、慎太郎とタケルと玲奈が薬を買いに行きます。真由香は洋子を見ていましたがテレビの裏にビデオテープを見つけて見て見ると、タケルの話の大学生が映ります。その時、ペンションの下から物音がして下の倉庫を真由香が見に行くと変な箱を見つけます。そして真由香はそのまま閉じ込められて、箱の中から人が出てきて殺されました。慎太郎らたちが帰ってきて見に行くと真由香が殺されており、戸塚がやってきて神社に行った事を悟り、銃を構えます。戸塚は神社にことりばこがあると言い、子供が埋める女が全員殺されるというものでした。タケルがことりばこをバッグに入れて持って帰っていました。
戸塚は誰もここから出さないと言い慎太郎を殺します。タケルの足を折っていると今度は洋子がことりばこに殺されます。玲奈は逃げ出し、戸塚は村で会議をし女3人の子宮を『ことりばこ』に入れてゴミ処理場建設推進派に送って呪い殺そうという会議です。村人が真由香と洋子の子宮が摘出してことりばこに入れます。真由香の子宮には慎太郎の胎児も入っていました。玲奈国道に出て警察に助けを求めるものの、警官も村の仲間なのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました