明日の空の向こうに/あらすじとネタバレと感想

明日の空の向こうに2010年の洋画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

明日の空の向こうにの概要

制作:2010年 日本・ポーランド
監督:ドロタ・ケンジェジャフスカ
出演:オレグ・ルィバ、エウゲヌィ・ルィバ、アフメド・サルダロフ、他

スポンサーリンク

明日の空の向こうにの見どころ

旧ソ連(ロシア)の貧しい村とポーランドの境で親も家もなく物乞いをしながら暮らしているストリートチルドレンの三人が、ここではない場所に行けばもっといい暮らしができるのではないかと、命がけで国境を越える度に出る。無事にポーランドにたどり着いたものの待っていたのはそれまで以上に厳しい現実だったというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

明日の空の向こうにのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ロシアの駅で寝泊まりしているヴァーシャとペチャの兄弟とリャパ。ある日地図を見ながらある計画を練ります。
三人は警備隊を逃れて貨物列車に乗り込みます。列車ではペチャは赤ちゃんを抱いている母を見つけて羨ましくなりました。列車が街に着くとリャパとヴァーシャは水を入れるペットボトルを調達してきて、ペチャは行商の女性から食べ物を恵んでもらいます。兄たちはペチャに行く先を告げず、兄たちの後を追いかけます。途中でトンネルに入った時、ペチャは黙って市場から盗んだチョコを一人で食べようとして兄たちに怒られます。チョコは兄たちにとられてしまい、もうひとつ盗んだテディベアをしっかりと服に隠して付いて行きます。
そして三人はリャパの祖父の家に泊まります。リャパの祖父は二人に、自分はペチャに読み書きや計算を教えるからここから先は二人で行けと言いました。ペチャは兄たちに置いていかれると大変だと思い、兄と自分を縄で結んで眠りにつきます。
次の日の朝、リャパの祖父の家に薪を乗せて運んできたトラックに乗りこんで三人は出発します。三人を見送ったリャパの祖父は「地獄に落ちればいい」とつぶやくのでした。
トラックの検問がありするりと逃げ出していた三人は、別の結婚式の列車に乗っていました。そしてお菓子やパンを沢山貰い兄たちは酒を飲みます。ペチャは花嫁からコインも貰いました。

ネタバレと結末

森の中の朽ちかけた列車の中で三人で過ごし、もうすぐ国境が近づき無事に超えられることを願う三人。
有刺鉄線の下の土を掘り無事にポーランドに入ります。希望に満ち溢れたポーランドではありましたが、いざポーランドに入るとロシアは馬鹿にされてしまいます。そのまま警察署に行き、身元を聞かれますが親の居ない子供たちには苗字もなく住所もありません。ロシアから来た浮浪児として食べ物をもらいます。三人の狙いは孤児院でした。しかし警察では三人が亡命だと宣告していないことからシェルターではないと面倒くさがりました。「家へ帰るんだよ。」と言われシャワーを浴びさせられ、またロシアに返されると思った三人は逃げ出します。しかし結局捕まって三人はロシアに戻されるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました