教誨師/あらすじとネタバレと感想

教誨師2018年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

教誨師の概要

制作:2018年 日本
監督:佐向大
出演:大杉漣、玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登、古舘寛治、光石研、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

教誨師の見どころ

大杉漣の最後の主演映画。
死刑囚のための教誨師をしている主人公は6人の死刑囚と面会し、聖書の言葉をかけ続け悔い改めさせ穏やかな最後を迎えさせるのが仕事。そんな主人公にも兄が人を殺した過去があり最後の最後まで生きる意味を自分でも考えていくが死刑囚にもキリストの言葉が心に響いていたというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

教誨師のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

プロテスタント系牧師の佐伯保は月に二度ボランティアで死刑囚にキリストの教えを説く教誨師をしています。
死刑囚が収監されている刑務所に行き、刑務所から二度と出られないであろう死刑囚の相手をしていました。
一貫して無言の鈴木貴裕、元やくざの吉田睦夫、話好きの野口今日子、子供の居る気弱な小川一、ホームレスで読み書きもできない進藤正一、クールな青年高宮真司の六人を相手にしていました。
彼らに聖書の教えを説いて安らかな最後が迎えられるように罪を感じさせるのが仕事です。
鈴木は元恋人を家族ごと殺した罪で死刑になっていました。野口は大阪で美容師をしていたもののお金のことで殺人事件になり、今でも共犯者が悪いと言っていました。小川は貧しくても必至で二人の子供を育ててきたいい父親に見え、どうして死刑になったのかわからないくらいです。進藤はホームレスだった時に拾った雑誌からグラビアアイドルを切り抜いて大事に持っており佐伯が勉強を進めると熱心に勉強し、キリストの教えにも共感していました。吉田は教官の目を盗んで裁判では証言していない行方不明の政治家を殺したことを佐伯に打ち明けます。
身体障碍者を大量殺人した高宮は悔い改めるどころか反抗的な態度ばかりで自分の何が悪いのかを叫びます。命の重さが平等だと佐伯は高宮に告げました。佐伯は高宮に過去の自分を話し始めました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

佐伯と兄の健一は幼いころ母に捨てられて母は子連れの男の元に走りました。
ある日兄弟で遊んでいると、母の再婚相手がやってきて佐伯たちを侮辱します。佐伯が怒って再婚相手の子供に殴りかかると再婚相手が佐伯を殴り始めます。健一は再婚相手を石で殴り始めて殺してしまったのです。その後少年院に行った兄は自殺し、佐伯は親戚に引き取られてキリスト教に会心しました。
佐伯はある日死刑が執行されることを事前に知ります。小川は自分が死刑になる理由を話し始めます。貧乏を理由にある親子に罵倒されてしまいバッドで殴り殺したというのでした。
死刑執行は高宮でした。気弱になった高宮を見送ります。
進藤は脳梗塞で倒れ思うように体が動かなくなっておりましたが、佐伯は”あなたがたのうち だれが わたしを つみにとえる”というのかとキリストの教えがかかれている紙を受け取るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました