ララピポ/あらすじとネタバレと感想

ララピポ2008年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ララピポの概要

制作:2008年 日本
監督:宮野雅之
出演:成宮寛貴、村上知子、ゆり、吉村崇、皆川猿時、濱田マリ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ララピポの見どころ

インザプールなどが有名な奥田英朗の小説が実写映画化。
主題歌はAIの「people in the World」。
風俗のスカウトマンのコメディ映画だが、基本的に負け組の生きざまを面白おかしく描いた作品である。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ララピポのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

フリーライターをしているの杉山博は自分が住んでいるアパートの上の階に住んでいる栗野健治が連れ込む女とのセックスを盗聴して自慰ばかり繰り返しているしがない独身男性です。
博もかつては会社員でしたが、職場中の女にフラれて、職場中の女に嫌われてしまい今のような生活になってしまいました。そろそろ自分でもこのままじゃやばいと思った博は、メイドカフェで知り合った玉木小百合(村上知子)を誘いセックスします。しかし自分よりも下だと思っていた小百合に「似たもの同士」と言われて憤慨し殴って帰ります。しかし家に着いて冷静に自分の事を見て見ると小百合の言う事は間違っていなかったことに気が付き、余計に落ち込んでしまうのでした。落ち着いて小百合の部屋に行くと郵便配達のオッサンが居てケンカします。すると小百合は「私のためにケンカしないで!」というではありませんか。博は我に返るのでした。
栗野健治は風俗のスカウトマンをしています。
街でデパート勤務の佐藤智子を見かけて、イケメンに植えていた智子はすぐに健治の話に乗ってキャバクラに勤め始めます。面倒くさいので嫌だと言うと健治はヌキキャバを紹介します。次はヘルスと来て最後はAV女優になります。健治が絵を描いたように進んでいくのでした。
青柳光一は風俗のボーイをしています。
うんざりするほど性ばかりでいつか自分がヒーローになって何もかも変えてやるという妄想をしていました。ある日風俗嬢に本番をしようと迫った男に光一は何もできずにヤクザに怒られて、アナル好きの中年男とアナル仲間にされてしまいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日健治は中年のAV女優のマネージャーを言い渡されます。佐藤良枝43歳であまり質がよろしくない女性でした。良枝にマネージャーとは一体でなければいけないと諭され関係を迫られます。健治が智子とAVの打ち合わせをしていると警察が来ます。智子はキャバの時の客から金を巻き上げていたのでした。警察で話をしている時にAVの同意書を見ていると親子ものの二人は良枝が母親役、智子が娘役です。しかし本当にこの二人は住所が同じの本物の親子だったのでした。健治は親子どんぶりに気がついてすぐに警察所を出ますが車に撥ねられます。
良枝と智子の実家はゴミ屋敷ですが理由があります。義理の母が死んでいたため遺体のにおいを隠すためにゴミ屋敷にしていたのでした。光一が火遊びしているのを見て良枝が自分の家を燃やしてくれと頼みます。しかし良枝は夫が寝ているのを思い出して火の中に飛び込みます。小百合は自分と知り合った男とのセックスを録画しておりビデオ屋に売っていました。街では健治が松葉杖をつきながらスカウトしています。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました