さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-/あらすじとネタバレと感想

さいはてにて ~やさしい香りと待ちながら~2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-の概要

制作:2015年 日本
監督:チアン・ショウチョン
出演:永作博美、佐々木希、桜田ひより、保田盛凱清、臼田あさ美、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-の見どころ

日本初の世界農業遺産に登録された能登半島を舞台に、父が残してくれた舟小屋でコーヒー店を始めた女性と、珈琲店の向かいに住むシングルマザーと子供たちと仲良くなり家族のように過ごし、やがて女性もシングルマザーにこの地に来た本当の理由を話し、行方不明の父を待つために珈琲屋を開いたと告白するというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京で生活していた吉田岬が、車に乗って石川県能登半島の一番北側にある奥能登に戻ってきます。
父は八年前に漁師として漁船ゆたか丸で海に出ている時に行方不明になったままでした。両親は岬が4歳の時に離婚してそれ以来岬は父に会ったことがありませんでした。
岬は父の残した海辺の船小屋を改造して”ヨダカ珈琲”を開きました。向かいにある民宿ヤマザキではシングルマザーの絵里子が有沙と翔太と暮らしていました。岬はヨダカ珈琲の改築をしている時に泊めてもらいに行きましたが、民生委員と勘違いされて追い返された経緯がありました。絵里子は金沢でキャバ嬢をして生活を立てていました。二人の小さな子供たちは今まで祖母が面倒を見てくれていましたが、今は入院しているので放置気味なのでした。絵里子は気になるものの、お金が無くては生活していけないので仕方なく二人を置いていたのですが、世間はそうは思ってくれませんでした。絵里子の恋人がたまに来ますが子供にとっては恐怖なのでした。
絵里子の給料では生活していくのがやっとで、ある日子供がおなかが空いて万引きをしてしまいます。もう一人の子供のクラスでは給食費の盗難事件がありました。もちろん絵里子の子供は給食費を滞納しています。やがて給食費を盗んだのは絵里子の子供ではないかと噂になります。担任の先生がヨダカ珈琲に来たことで、ヨダカ珈琲に絵里子の子供をスカウトし働かせ始めます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

岬は”給料”を子供にあげますが、その日、女子高生が万引きした罪を着せられます。絵里子は警察に呼ばれて、岬の存在を知るのでした。少しづつ心を開いていく岬と絵里子たち。ある日事件が起こり、絵里子の恋人が岬をレイプしようとしてしまいます。そこに絵里子が帰ってきて岬を助け、岬は絵里子にヨダカで働かないかと持ちかけ、絵里子はヨダカで働き始めます。ある日絵里子の祖母の見舞いに岬も付いて行きます。祖母は岬を見てすぐに父の子供だとわかり、おなじ船に乗っていた家族に連絡してみてはどうかと言われます。同じ戻ってこない人を待つ辛さを分かち合っていると、遺体と船が見つかったというニュースが飛び込んできます。
鑑定を勧められますが、岬は父の死が受け入れられずに店を畳んで引っ越します。絵里子は民宿を盛り上げるために頑張り、店主不在のヨダカに毎晩火をともします。ある日、絵里子の後ろに岬が帰ってきていてみんなでお帰りを言うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました