雨よりせつなく/あらすじとネタバレと感想

雨よりせつなく2004年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

雨よりせつなくの概要

制作:2004年 日本
監督:当摩寿史
出演:田波涼子、西島秀俊、黒坂真美、深浦加奈子、笹野高史、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

雨よりせつなくの見どころ

吉元由美の短編集を元に、30歳を迎える女性の揺れ動く心を描いた作品。
モデルの田波涼子が初主演という事で話題になった。
元恋人が死んでしまっていて、すでにいない恋人に勝てない気がして別れを切り出してしまうというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

雨よりせつなくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

マーケティング部に所属している綾美は毎日が多忙です。
しかし年齢だけは徐々に上がっていき、30歳を目前としていました。男関係もイマイチ思うようにいかず、お金も無くなったことからフリマで物を売り生活しています。同じ会社の結婚目前の妙子には彼氏もできず仕事ばかりと言われ、カメラマンからは結婚の予定が無いならうちで働かないかと引き抜きに来られます。
勝手なことを言われるごとに、綾美は今後の人生について考えてしまうのでした。
ある日、その日も残業で遅くなり同じく残業していた倉沢と二人きりになります。倉沢はこの前のフリマに来ていたのを綾美は見ていました。綾美が会社でカップラーメンを食べていると、倉沢もラーメンの準備をし、割りばしが一本しかなかったことから半分に折り分け合います。何気なくフリマの事を話し、二人は急速に仲良くなっていきました。
そんなある日、妙子は綾美の事を合コンに誘います。綾美は断り、フリマに行き、倉沢の姿を探し発見します。
倉沢は何かを探しているようで、綾美に古いラジコンを探していると言いました。大学時代ラジコンをしに海に行った時に恋人が事故で亡くなったというのでした。
二人はそれからも仲良くなっていきますが、綾美は倉沢の前の彼女の事が気になりだします。
倉沢の家に行くと亡くなった恋人の写真があること、彼女のために花を上げている姿、ひとつひとつが気になりだします。
倉沢にプロポーズされて、一度はOKしたものの心に引っかかっている元彼女に怯えていました。ある日、彼女への最後の花束を買ってきたことで綾美は耐えられなくなって倉沢に別れを言い出しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

綾美は掲示板で募集し、こっそり手に入れていた倉沢が探していたラジコンを持って、倉沢と最後の海に行きます。そこでラジコンを飛ばし、綾美は空に向かって倉沢を返すというのでした。
・・・その後三年経ち、綾美はあの時のカメラマンの引き抜きを受け、もっと多忙になり土曜も日曜もない位になっていました。慌ただしく仕事しているうちに、雨が降ってきて雨宿りをしていると偶然にも倉沢に会いました。二人とも気が付き、綾美は倉沢に私の事を好きだったのかと問います。すると倉沢は何も言わずに笑って綾美の前を去っていくのでした。雨が上がって、綾美も町を歩いていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました