ダメジン/あらすじとネタバレと感想

ダメジン2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ダメジンの概要

制作:2006年 日本
監督:三木聡
出演:佐藤隆太、緋田康人、温水洋一、市川実日子、篠井英介、ふせえり、他

スポンサーリンク

ダメジンの見どころ

仕事もせず毎日毎日プラプラしている三人組は、いかに楽して定職に就かずとも暮らしていけるかを考え中。ある日宇宙人からインドに行けと言われ、インドに行くための旅費を稼ぐために奮闘し、最後は銀行強盗までしますが結局インドにはいかず、というストーリー。

スポンサーリンク

ダメジンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日花沢が靴屋に昔、彼女が頼んでいた靴を取りに行きます。花沢は靴屋の店員チエミに、靴を頼んだ彼女は傷害事件で警察に捕まっているので靴を取りに来れなかったと言うと、チエミは靴を探しに倉庫に行きました。
そしてチエミはヤクザの佐々木と再会します。佐々木は中華料理店に入り、リョウスケにエビフライを頼むと「エビ」を買ってくると言ってリョウスケが店から出ます。リョウスケが買い物に行っていると、ヒラジとカホルが猫を焼いていました。仕事もせずに毎日プラプラしている二人は猫がおいしかったら暮らしていけると言います。そして三人は猫じじいの家に行き、猫じじいは一匹猫が見当たらないと探していました。が、その猫はさっき焼いて食べた猫でした。猫じじいはインドに行こう!と叫び、なぜか三人の中にインド行きが残ってしまいます。
皆が住んでいる街にはインバという川に浸かって生活する人がいて、三人はインバにいつも話を聞いてもらっていました。チエミはトルエン中毒で今日もトルエンを吸っています。そんなチエミに佐々木は一緒に住むと言いだします。
チエミと佐々木が歩いているとリョウスケに会い、エビフライの事を聞き、三人に組に入らないかと誘います。しかし三人は毎日が夏休みの方がいいと言い切ります。その後佐々木の提案で皆で鍾乳洞を見に行こうとなり、皆は車で、三人は歩いて帰っているとゴールデンチャイルドに会い、インドに行って世界を救えと言われます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

再びインドが出てきたことで三人は本気で行こうと思い始めます。しかし一人100万必要なことが分かり、テントを張って宇宙人を見せる見世物小屋を作りました。すぐにヤクザに見つかりましたが佐々木が助けてくれました。チエミが廃品の所にあったロケットにトルエンを注ぎ、佐々木はリョウスケにさよならを言い、ヤクザの上司を撃ち殺します。伝説を作ることに執着していたゲジル先輩と共に三人は銀行強盗をし、バラバラに逃げて合流します。すぐに追手が来ますが、ゲジル先輩がかばってくれ皆は廃品の所に集まってインドに行こうと段取りしますが、トルエンを注いだロケットが爆発し、花火が上がります。三人は一気にインドに行く気が無くなりここで暮らそうと思うのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました