雨にゆれる女/あらすじとネタバレと感想

雨にゆれる女2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

雨にゆれる女の概要

制作:2016年 日本
監督:半野喜弘
出演:青木崇高、大野いと、岡山天音、水澤紳吾、伊藤佳範、中野順二、杉田吉平、吉本想一郎、河野宏明、原田裕章、上田辰也、他

スポンサーリンク

雨にゆれる女の見どころ

本名も隠して別人としてひっそりと生きる男の元に同じような境遇の女が現れて、男の生活が狂っていく。男は姉の担当医を殺し、女は担当医の娘だった。最後は男が自殺するという心の闇に迫ったストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

雨にゆれる女のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

男はナイフを火であぶり、おなかに押し当てています。
その4年後、その男は飯田健次という名前を使って鉄工所で働いていました。片足を少し引きづりながら、無口で変人扱いされていました。そしていつも補聴器とメガネをかけており、お中にはナイフの後をいくつもつけていました。ある日のこと、同僚が突然やってきて男から逃げてきたという体調の悪そうな女、理美を押し付けられてしまいます。騒ぎになるのを恐れて女を受け入れる飯田。翌朝起きると、理美が消えていました。そのままにしていると今度は店員が理美を連れて帰ってきました。理美は店内でパニック障害になり倒れたのでここまで店員が連れてきたと言います。
飯田が出勤すると、理美を押し付けた同僚が盗みで捕まったと話題になっていましたが、飯田は理美の事を隠しました。警察にも聞かれますが、飯田は理美の事を隠します。
ある雨の日、理美が雨の中佇んでいました。びしょ濡れの理美を家に入れ、理美は飯田に「嘘をついていることを誰にも言わない」と言います。
飯田はメガネと補聴器を外します。そして家に居る理美のためにテレビを調達することにします。発作が起きる理美は「本当の事を教えて欲しい」と言います。すると飯田は姉の話をしだします。
精神病にかかった飯田の姉は精神科の先生と付き合いだし、別れると自殺し、飯田は病院からお金を貰ったというのでした。いつの間にか二人も肉体関係になっていました。
それからすぐ、理美を押し付けた男が出てきますが理美と飯田ができていることに怒ります。しかし理美が冷たく突き放すのでした。

ネタバレと結末

ある日「くぼかわのりお 4月27日」と書かれた紙が玄関に張られていました。理美は飯田に問うが飯田は逃げ出します。理美は飯田の職場にまで行くと、飯田の同僚が理美に手を出そうとして飯田が同僚を殴り倒したことで飯田は首になります。
実は姉の恋人を殺していた飯田に、言ってないのに事実を語りだす理美。理美は飯田が殺した医者の娘で、わざと飯田の姉の名前を語っていました。理美が飯田の背中にナイフを向けた時、飯田の同僚がやってきて邪魔される。理美は飯田とあわてて別の場所で落ち合う事にし、落ち合った先で父に飯田の姉がお母さんになるのはどうかと聞かれた時に「普通じゃない人は嫌だ」と拒絶したために飯田の姉が死んだという事でした。理美は飯田の姉が自殺だとは知らなかったと言います。しかし飯田は怒りが収まらず、飯田も自殺するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました