ケンタとジュンとカヨちゃんの国/あらすじとネタバレと感想

ケンタとジュンとカヨちゃんの国2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の概要

制作:2010年 日本
監督:大森立嗣
出演:松田翔太、高良健吾、安藤サクラ、他

ケンタとジュンとカヨちゃんの国の見どころ

孤児院育ちの主人公は逮捕された兄の借金を返すために、嫌われ者の先輩の元で弟分と一緒に過酷な肉体労働をしている。ある日たまりかねた主人公は会社と先輩の車を破壊し飛び出し、途中で出会った女も一緒に車で旅立つというストーリー。
キャッチコピーは「三人なら、生きられる」。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ケンタとジュンとカヨちゃんの国のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

児童養護施設で育ったケンタとジュン。ケンタの親は亡くなっているが兄のカズが唯一の肉親です。
ケンタとジュンは建物の解体業をしており、二人で暮らしています。ある日街にナンパしに出向くとカヨと出会い、ジュンとカヨが付き合いだします。
カヨは自分でも認めるぶさいくでした。しかし誰にでも股を開きます。それはいつか誰かに本気で愛されたいと思っているからなのでした。ジュンはカヨの家に転がり込みますが、すぐにジュンが飽きてしまうのでした。
ハッキリとは言わずにカヨの事を振って家から出て行くジュンでしたが、そのあとをカヨが追ってきます。
一方その頃ジュンは日ごろから貯めていたストレスを爆発させます。いつも自分をイジメている先輩の裕也と会社に腹を立てていたのでした。まず会社の事務所を破壊し、ジュンと共に裕也の車も破壊します。その後ケンタとジュンとカヨは会社のトラックで銅線を盗み、逃げ出しました。だからといって行くところの無い三人。とりあえず網走に居るケンタの兄に会いに行くことにします。途中でトイレに行くカヨの財布の中身を抜き取ってカヨを置いてトラックで行ってしまいます。
裕也はその頃、会社と車を破壊されたことに気が付き怒り狂います。
ケンタの兄カズも昔、裕也の元で働いていました。カズは女児を誘拐し捕まっています。そのことを裕也に馬鹿にされたカズは裕也のおなかをカッターで切り刻んでしまい服役していました。途中で盗んだ銅線を売り飛ばし、ガス欠になったトラックを置いてバイクを盗み走り出します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

仙台まで来たときに、同じ養護施設の友達に会います。親に片目を潰された友達は障がい者施設で働いていました。そして再び網走に向かいます。船に乗るとカヨが二人を追いかけてきていました。カヨとジュンはお互いを必要としています。網走に着き、ケンタが兄に会いに入ります。ケンタは喜びますがカズは無表情でケンタの相談も面倒臭いと言って出て行きます。ケンタはここまでやってきたからにはカズから何かの希望が見いだせると思っていたのでショックです。
刑務所を出ると裕也が追いかけてきていました。ケンタは裕也をバイクで轢き殺します。
ケンタはジュンとカヨに別行動しようと言いますが、二人はどこにも行く当てがありません。ケンタはそこに
男女のグループとケンカになり、ケンタの中の抑えが効かなくなりました。狂ったように殴るケンタがカヨにまで来たのでジュンが発砲し、ケンタに当たります。
ジュンはカヨを残し、血を流すケンタを連れてジュンが海に入って行き海の先を目指すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました