Dear Friends/あらすじとネタバレと感想

Dear Friends2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dear Friendsの概要

制作:2007年 日本
監督:両沢和幸
出演:北川景子、本仮屋ユイカ、黄川田将也、野波麻帆、宮崎美子、大杉漣、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dear Friendsの見どころ

原作は携帯小説の生みの親として知られるYoshi。
高飛車で美人な女子高生がある日病魔に侵されてしまい、小学時代の同級生が見舞に来て励まし、病気が治ったものの生きていく理由が見つからない主人公が自殺しようとしていた時にもやってきて同級生の病気を知り、立ち直っていくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

Dear Friendsのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

読モをしている女子高生のリナは、無神経で家に興味のない父と過保護の母との二人暮らしです。
いつしかリナは友達は利用するもので、利用ばかりしていたので親友と言える子は居ない状態に陥っていました。
毎日夜に出歩きますが、最近リナは体調が悪いのが気になります。ある日クラブで踊っていると、倒れてしまいました。気が付くと病院で色々検査をしていてそのまま入院することになりました。そして小学校時代の同級生であるマキが見舞にやってきます。リナはマキを見ても思いだせませんでした。マキは「また来るね」といって帰ります。
リナは同じ病室のカナエに友達になってくれと言われます。カナエは幼いころから病気で友達がいないのでした。ある日カナエは病気が悪化して無菌室に入っていました。リナはそのまま退院してまたクラブに通い始めます。家に帰ると珍しく両親が暗い顔をしてリナを迎えます。リナの病気の結果は「ガン」でした。そして次の日からまた入院生活を送ります。マキがオルゴールを持って見まいに来ますが、ガンの恐怖でそれどころではありませんでした。
思うように動けず髪は抜け出し、自暴自棄に陥ったリナはある日病院を抜けてクラブに行きます。しかし着けていたカツラが落ちてしまい、冷たい目線に耐えられなくなって帰ってしまいます。治療も真面目に受けず食べ物も食べないリナをマキがカナエと会わせます。カナエは残り少ない命が他人から見ても分かるぐらいで本人も生きる気持ちが消えかけていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

リナはカナエを励まし、同時に自分も生きる気力を出します。
リナはマキになぜ見舞いに来るか聞くと、あのオルゴールはもともとリナがマキに上げたものだと言います。
その後、リナは回復しているように見せかけてガンが移転しており、カナエも亡くなってしまいます。すべてが嫌になったリナは自殺しようとするがマキが説得して移転した胸の手術を進めます。
リナが手術をし、手術後にマキの姿がありませんでした。リナは回復し、退院した後またクラブに行き、リナの事を好きだった洋介に手術の後を見せると洋介は黙って去っていきました。再び何もかも嫌になったリナは自殺しようとしますがそこに車いすのマキが来ます。マキは筋肉が動かなくなる病気に侵されていたのでした。マキはリナを説得します。リナはマキのために看護師になる事にし、マキの担当になりますがその後すぐにマキが亡くなってしまうのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました