薔薇色のブー子/あらすじとネタバレと感想

薔薇色のブー子2014年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

薔薇色のブー子の概要

制作:2014年 日本
監督:福田雄一
出演:指原莉乃、ユースケ・サンタマリア、ムロツヨシ、鈴木福、他

薔薇色のブー子の見どころ

ブーブー文句を言っているからブー子と呼ばれている少女が、明るく前向きになろうと恋するがデート当日に災難ばかりが降りかかり、それでも意地で待ち合わせ場所に行くというコメディストーリー。
「コドモ警察」や「勇者ヨシヒコ」シリーズの監督のため、同じ出演者が多く出ている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

薔薇色のブー子のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

幸子(指原莉乃)は母と再婚相手と三人暮らしです。大学生にもなって再婚相手になじめず、いまだに義理父の事を滝沢さんと呼んでいました。
幼いころから幸子は愚痴ばかりでつけられたあだ名はブー子。大学生活に憧れていたものの、友達も彼氏もできずでした。幸子は登校拒否になり、家で漫画ばかり読んでいます。
幸子は漫画サイトで知り合ったスパロウとのやり取りだけが生きがいです。ある日顔も知らないスパロウとデートする約束をします。デートの待ち合わせは夜の10時。会った後の展開次第では一夜を過ごすこともありうると幸子は妄想します。幸子は夜の10時に”最高の私”になれるように機密に計画しだします。
まずは朝五時に起きてジョギングです。しかし早朝の公園にまさかのドッキリ撮影が来ており落とし穴に落ちてしまいます。謝礼(謝罪)として三万貰って喜んだものの、ベンチに座ると今度は瞬間接着剤がありズボンが引っ付いてしまいます。幸子はその辺にあった新聞紙を巻いて家に帰ります。
その後街に出た幸子は占い師に隕石が落ちると言われ、占い師に向かって怒ります。その後幸子はデパートにデートの服を買いに行くも10億人目のお客様になって持ちきれないほどの記念品をもらいます。コンビニの宅配で送ろうと思って入ると義理父の滝沢さんが居ました。滝沢さんはいつの間にか会社を首になりコンビニでバイトしていたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

次こそ服を買うとデパートに入ると今度は10億500人目になってしまい逃げだします。そして変装のためマスクをかぶると子供のヒーローショーに出演さされてしまいます。再度逃げ出して公園に行くとまた落とし穴にはまってしまいます。美容院に行き、お任せにするとアフロにされ、バスに乗るとバスジャックされ、ボートに乗るとボートは沈み、車は幸子を跳ね飛ばします。それでも負けじと幸子は服を買い髪を直します。
するとヤクザに頼まれ機関銃とセーラー服に着替えさせられて抗争に巻き込まれます。
義理父のアルバイトするタクシーに乗り、9時40分に待ち合わせに着いた幸子は捨て子であり、スパロウが送れると連絡があったので捨て子の母を探しに行きます。見つかりましたが母親は借金のかたに外国に売られるところでした。そこに取り立て屋が居て丁度隕石が落ちます。親子は隕石で借用書が無くなったことで喜びます。もどった幸子はまた落とし穴に落ち、義理父の滝沢さんがやってきて自分がスパロウだと言います。怒る幸子を滝沢さんが励まし幸子は「お父さん」と初めて呼びます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました