獣道/あらすじとネタバレと感想

獣道2017年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

獣道の概要

制作:2017年 日本
監督:内田英治
出演:伊藤沙莉、須賀健太、アントニー、吉村界人、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

獣道の見どころ

実話を元に、親に愛情を掛けられずに育った少女が居場所を求めて、ヤンキーと呼ばれる世界で居場所を作る。
地方都市特有の信仰心や田舎根性を加えつつ、登場人物の全員が居場所を探している青春映画。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

獣道のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

あるトイレに落書きがありました。”SEXしたい人電話して、洋子。”というもので、高校生三人が思い切って電話をすることにします。そのトイレの前で待っておいてと言われて素直に待つ三人。
そこに男女がやってきます。女は伝説のデリヘル嬢洋子と名乗り、男は亮太。後から堅太と佑二がやってきて、高校生に一人五万づつ持ってこいと言います。洋子は本当は愛衣という名前です。愛衣と男三人は手段をいとわずにお金を巻き上げていくチームなのでした。
亮太は愛衣を愛していました。愛衣との関係は子供時代から続いています。愛衣の母親は新興宗教に熱心な信者で、小学生の時に宗教活動に邪魔だという理由で富士山麓の新興宗教施設に連れて行かれます。そこではアナンダと呼ばれ、教祖ラヴィの信頼を得て行きます。この施設に居る時には居心地もよく、居場所があったのですがそれも入ってから7年後の警察の強制捜査によって居場所を奪われてしまいました。
そして初めて愛衣は中学校に通います。その時居たのが作間亮太です。
亮太ははじめ堅太と祐二の罠にはまり、同じように5万を取られようとしていたのですがその場で暴れて根性を認められて堅太と祐二の仲間になります。
そのままヤンキーの道を歩いていると、亮太は高校生になった時に愛衣と再会します。その頃愛衣は彼氏のハルキの家に住んでいました。ハルキの家は兄弟それぞれがパートナーを連れ込んでオープンなセックス三昧でした。
亮太はハルキと目の前でセックスする愛衣に耐えられませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

亮太は愛衣に遠回しにハルキの家から出ることをすすめ、愛衣はハルキの家を出ます。しかしハルキの元彼女に捕まって愛衣は埋められてしまいます。それを助けたのが堅太と亮太と祐二でした。
愛衣は夕夏と一緒に暮らすようになっていました。愛衣は家族の温かさをそこで初めて知ります。そして愛を与えてくれる夕夏の両親にも優しく接するのでした。しかしそこで夕夏がおもしろくなく、両親に愛衣が風俗で働いていることを告げ口します。愛衣は追い出されてデリヘルで働き始めます。
堅太は玲花と付き合いだしますが、そのことを面白くないヤクザの喜田が堅太を暴行し、玲花には覚せい剤を打って回し始めます。そして佑二を自分の子分にしてしまいます。
真実を知った堅太は喜田を金属バットで殴り殺します。車に積んでいると亮太と再会し、喜田の死体を見た亮太は佑二をゴルフクラブで殴りました。
同じころ愛衣はアナンダという名前でAV女優をしています。撮影現場では教祖のラヴィと再会しました。
亮太は大学に入り、人気AV女優『アナンダ』のサイン会に足を運びます。愛衣は再会を喜ぶものの、亮太とどうにかなることはありませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました