死にたすぎるハダカ/あらすじとネタバレと感想

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にたすぎるハダカの概要

制作:2012年 日本
監督:アベラヒデノブ
出演:アベラヒデノブ、今中菜津美、井口由美子、アベジュンイチ、板倉修平、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にたすぎるハダカの見どころ

2012年ファンタジア国際映画祭に出されたアベラヒデノブ監督のデビュー作。
暗い過去を背負った死ぬ死ぬ詐欺の高校生たちのストーリー。
主演はアベラヒデノブ本人。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

死にたすぎるハダカのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校生のミチル。8年前に祖母が死んでから、人はいずれ死ぬものだと思っています。
祖母が死んだその日、祖母の遺体の横に自分の棺桶を段ボールで作り揃って寝てみました。
それからずっとミチルは段ボールの棺桶の中で寝ています。学校ではいつもいじめられており、生きている価値が無いと思い込んでいて、かといって死ぬのも怖くて自殺ごっこをしてさみしさを紛らわせていました。
学校の帰りにいじめられている子たちにエロ本を万引きしてこいと言われて実行するも店の人に見つかります。しかしその場に居たさやかが自分の弟だと言ってお金を払ってくれるのでした。
さやかはミチルの背中に貼られているエロ本好きのミチルという紙を見ていじめられていると思います。さやかはミチルを励ました後家に帰りました。さやかの気遣いが嬉しかったミチルはさやかと出会った場所に何度も出向きます。ラブレターを書いて持って行っていました。そこにまたいじめっ子が来てミチルを全裸にさせてラブレターを読んでからかいます。ミチルは耐えられなくなってリュックに砂を詰めて海に入ろうとします。
そこにさやかがやってきてミチルの自殺を止めます。さやかは死ぬなというので、ミチルは自殺ごっこをしてさやかに見せます。はじめはさやかも怒ったものの、血のりを使った自殺ごっこがツボにはまりさやかも一緒に始めるのでした。
ミチルはいじめっ子に金を持ってこいと言われ母の財布から金を抜くもばれて父に殴られます。
棺桶に入って寝ているとさやかがやってきて、ミチルはさやかの誕生日に会う約束をします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

さやかの誕生日プレゼントを持って二時間以上待つもさやかは来ません。諦めて帰っている時にサヤカを見つけて尾行するとホテルに入って行きました。さやかはデリヘル穣だったのでした。さやかもまた、母親から虐待を受けており、ミチルと同じように学校でもいじめられ、誰かが一瞬でも必要としてくれるデリヘル穣になったのでした。
ミチルが感傷に浸っているとまたいじめっ子が来ます。ミチルはいじめっ子をナイフで切りつけます。
その後ミチルはデリヘル穣でもいいから帰ってきてくれとさやかに向かってビデオカメラを回します。さやかを探しているとラブホテルから中年の男がさやかが手首を切って死んだと言います。
いじめっ子がミチルに復讐しに大人数で来てミチルをボコボコにします。そこにさやかが包丁を持って助けに来ます。お互いの生存を確認し、ミチルとさやかは棺桶を海岸に持って行き燃やすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました