トマトのしずく/あらすじとネタバレと感想

トマトのしずく2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

トマトのしずくの概要

制作:2012年 日本
監督:榊英雄
出演:小西真奈美、吉沢悠、石橋蓮司、原日出子、水野美紀、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

トマトのしずくの見どころ

母の死をきっかけに疎遠になった父と娘。ある時娘の結婚式に招待した父がなかなかこない。親子のわだかまりをゆっくりと解いていく様子を表せたストーリー。
榊英雄監督。主演は小西真奈美。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

トマトのしずくのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

5年の交際を経て入籍した美容師の椿山真とさくらは結婚パーティを企画しており、準備に追われていました。
ひとつ、真には気がかりなことがあります。さくらが父の辰夫を結婚パーティに呼びたくないというのでした。
真の母親誠子からも、呼んだ方がいいとアドバイスをもらいますが、さくらは拒否します。
誠子と真とさくらとで食事をしたかえり道、さくらは真におんぶをせがみます。そして真の背中でさくらはまだ母が生きていた時の幸せだった三人家族の事を想いだします。
さくらの母は家庭菜園をしており、いつも家には沢山の野菜が実っていました。幸せだった子供時代を象徴するかのようにさくらは思春期を迎えます。その頃、母の病気が見つかってその後亡くなってしまいます。
父も同じようにショックを受け、ふさぎ込んでしまいました。さくらは母の残した野菜の苗をなんとか枯らさないで持続させようと努力します。その心を知ってか知らずか自暴自棄になった父は家庭菜園を滅茶苦茶にします。
それ以来さくらと父の関係は破滅に向かって行くのでした。
そして今、さくらの父の辰夫の元に結婚パーティの招待状が届きます。辰夫はそさくさとさくらたちの居る東京に出向き、さくらたちの美容室に「夏目漱石」という名前で予約を入れて真にカットしてもらっています。そこにさくらが帰ってきます。久しぶりに再会した親子ですが素直になれません。店を出た辰夫は真に紙袋を渡し幸せになってくれと伝えてくれと言います。紙袋の中にはトマトと出席に丸が付いた招待状が入っています。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

中身を見たさくらは、思わず泣き出してしまいます。そして久しぶりに会った父に冷たい態度を取ったことを後悔します。辰夫も同じように優しい言葉をかけられなかったことに後悔していました。
結婚パーティの当日。父は来ませんでしたが、進行して行く中、最後のお色直しのために外に出たさくらは辰夫と再会します。さくらは、素直になって辰夫におんぶして欲しいと言います。辰夫はさくらをおんぶしたまま式場に入ります。二人はいつの間にか母がいたころのような関係になり、パーティも無事に終わります。
時間が経ち、父の髪を切るさくらと真。真はさくらのおなかの中にいる子供の名前を辰夫に付けて欲しいとお願いするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました