影踏み/あらすじとネタバレと感想

影踏み2019年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

影踏みの概要

制作:2019年 日本
監督:篠原哲雄
出演:山崎まさよし、尾野真千子、北村匠海、中村ゆり、竹原ピストル、中尾明慶、藤野涼子、下條アトム、根岸季衣、大石吾朗、高田里穂、真田麻垂美、田中要次、滝藤賢一、鶴見辰吾、大竹しのぶ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

影踏みの見どころ

横山秀夫の小説を篠原哲雄監督が映画化。
主演は山崎まさよしで、曲も担当している。
泥棒として毎日を淡々と生活している日陰の人生を軸に、問題を解決していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

影踏みのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

真壁修一はノビ師と呼ばれる泥棒をしています。寝静まった家に入り込み、現金だけを盗み取るという泥棒です。真壁の技は泥棒でも一目置くような方法で、絶対に捕まらないと言われていました。
その真壁が今、同級生で刑事の吉川聡介に取り調べを受けています。
ある日、忍び込んだ先の家に灯油が撒かれており、妻葉子の方が火をつけようとした瞬間に真壁が入り、止めようとしたことから泥棒として逮捕されたのでした。
・・二年後、真壁の彼女安西久子が保育士をしながら真壁が出てくるのを待っていました。
真壁が刑務所から出ると啓二が迎えに来ています。啓二は真壁の事を修兄と言い、兄のように慕っていました。
真壁は自分が逮捕された事件を調べます。葉子を止めた時になぜ一階にいた吉川に逮捕されたのかが疑問だったのです。吉川に会いに行くと、泥棒に入った家は借金で破産して離婚。それから家も競売にかけられたと言います。真壁は葉子の通報で自分が逮捕されたというのは間違いだと言いますが吉川は認めません。
泥棒仲間の大室誠に相談しますが、葉子にはシノキというヤクザが付いていると言われます。
誠も啓二も真壁がこれ以上関わることを止めますが、真壁は真相が知りたいのでした。
翌日のこと、真壁と啓二の所に刑事がやってきます。吉川が飲んだ後川で溺死したのでした。吉川は葉子とできていました。
・・20年前、真壁の母は教師をしていました。真壁の弟が窃盗で捕まると母は学校でも責められ、家にも張り紙をされ、理性を失っていく母を止めるのは真壁の仕事でした。その姿を久子も見ていました。
アリバイとして真壁は久子と居たことを刑事に告げます。
久子の家に行き、久しぶりにご飯を食べます。これから葉子の事を調べるという真壁に泥棒はやめてほしいという久子。真壁は黙って久子の家を後にします。
久子にも誹謗中傷は及んでいました。久子の恋人は泥棒という部分だけが本当なので何も言えません。仕事を辞めることにしました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

真壁と啓二は双子でした。真壁が歩いていると葉子が電車に飛び込もうとしたのを見かけて助けます。
真壁は葉子に自分の過去の話を話始めます。
二十年前の母子心中事件でした。真壁の母が狂って真壁の弟を焼き殺したと言います。兄の真壁は難関大学に合格したものの、弟は盗みを働き非難されていました。母は真壁が久子と旅行に行っている間に啓二の首を絞めて家を焼いたのでした。葉子はもう真壁には会うまいと告げます。
久子には嫌がらせが続き、ついには家に入ってきました。久子は逃げ出し、真壁は旅館にかくまいます。
その間に真壁が片付けていくのでした。
真壁は啓二から母子心中の話を聞きます。母は最後に啓二を逃がし、放っておけなかった啓二が母と焼かれ、その後二人で焼かれます。その後双子と久子でこんがらがった関係を、そろそろやめにしないかという事でした。真壁は啓二になりすましていましたが、久子と真壁は啓二とお別れするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました