ひとよ/あらすじとネタバレと感想

ひとよ2019年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ひとよの概要

制作:2019年 日本
監督:白石和彌
出演:佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、音尾琢真、筒井真理子、浅利陽介、韓英恵、MEGUMI、大悟(千鳥)、佐々木蔵之介、田中裕子、他

ひとよの見どころ

家族に暴力をふるう父を子供のためにと母が殺し、15年後母を交えて家族を再生させていくというストーリー。
原作は桑原裕子「ひとよ」。監督は白石和彌。主演は佐藤健。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ひとよのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

15年前。ある雨の日に、家で三兄弟は静かに遊んでいました。父の暴力により子供たちは傷だらけでした。
そこに母であるこはるが帰宅します。タクシーの会社をしているこはるは、タクシーで父を轢き殺してきたのでした。
そして兄弟に「15年経ったら帰ってくる」と言い残し、こはるは家を出て行きました。追いすがる兄弟たちはこはるに追いつけず、そのまま時間だけが経ちます。
15年後、長男の大樹は電気屋で働いていますが、子供のころからの吃音が治りません。結婚したものの妻の二三子とは不仲で別居中です。
次男の雄二は風俗ライターでパッとしないままです。長女の園子はスナックで働いており、毎日朝まで泥酔していました。
母の稲丸タクシーは甥の進が引き継いでいて、今でも健在です。
ある日、突然こはるが帰ってきます。
タクシーの会社の人々は暖かくこはるを迎えますが、三兄弟はどう接すればいいのかわかりません。
こはるはそれまでのように、当たり前に朝食を作り食卓を囲みます。しかし会話が続かず、じっとりとした雰囲気になってしまうのでした。唯一、園子は母を恋しがっていたためなついていきますが、大樹もまだぎこちなく、雄二にいたっては冷たい態度しか取りませんでした。
こはるが帰ってきてからというもの、稲丸タクシーへの嫌がらせが始まります。これまでも三兄弟は殺人者の子供としていじめを受けてきました。子供たちを幸せにするために父を殺したことが返って子供たちを苦しめていたのでした。なぜ急に嫌がらせが始まったのかというと、雄二が記事にしていたのです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

雄二が週刊誌にこはるの記事を書いたことで嫌がらせが始まっていたのでした。
園子はその事で雄二に激怒します。雄二はどうしても小説家になりたいという思いと、母を許せない気持ちで揺らいでいたのでした。
一方で大樹はこはるの事を二三子に言ってなかったことで更に仲がこじれます。大樹はついに二三子を殴ってしまうのでした。大樹は母に自分は立派な人間ではないと告白します。しかし母も同じく自分も立派な人間ではないというのでした。
ある日タクシーの運転手がこはるの一家を撒き込んで、泥酔状態でこはるを乗せてタクシーを走らせてしまいます。三兄弟は追いかけて海に飛び込む寸前で止めます。こはるは運転手の行動を許し、これによって家族の壁が無くなります。雄二はこはるの記事を修正し、15年前で止まっていた時間がゆるやかに動き出すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました