恐怖新聞/あらすじとネタバレと感想

恐怖新聞2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

恐怖新聞の概要

制作:2011年 日本
監督:大森研一
出演:與真司郎、近野成美、相馬圭祐、宮川一朗太、杉浦亜衣、岩合智史、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

恐怖新聞の見どころ

深夜二時に大学生の部屋に新聞が投稿されるようになる。その新聞は恐怖新聞と呼ばれていて、新聞を読んでしまうと寿命が一年縮まってしまうというものだったが、読むのをやめられないというストーリー。
原作はつのだじろう。主演は與真司郎。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

恐怖新聞のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日の深夜。大学生の鬼形経の家に新聞が届きます。
恐怖新聞と書かれているその新聞には同級生の橋本が通り魔に刺されて死んでしまうというニュースが書かれていました。
次の日、大学で橋本を見かけた鬼形経は誰かの質の悪いいたずらだと思います。その夜、再び恐怖新聞が届き橋本の死が書かれています。そして朝学校に行ってみると、本当に橋本が通り魔に刺されて亡くなっていました。鬼形経は恐怖新聞に書かれていることが本物だと思います。
鬼形経はみんなにも恐怖新聞を見せますが、他の人にはただの紙切れに映ってしまうようです。しかし隆太だけは信じてくれていました。
ある日隆太から言われて自分の腕を見ると鬼形経の腕に「66」と書かれていました。マスターも加わり、購読料が1年分の寿命という事ではないかと話し合います。そして三人で恐怖新聞がくるのを待つことにしました。
恐怖新聞が来ても「66」の変わりはなかったものの、中を開くと「65」に減っていました。
ある日、鬼形経が好きな女の子が恐怖新聞に載っていました。人形の呪いによって殺されるというもので鬼形経は好きな女の子に届いた人形を捨ててしまいます。しかし何度捨てても人形は帰ってくるのでした。
そして隆太とお寺に持って行き、喫茶店で居るとそこに恐怖新聞が届きます。中には人形の呪いを解く方法が載っており、購読料は寿命50年というものでした。
それでも呪いを解くために鬼形経が新聞を開くと隆太が人形に関わっていることが分かりました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

急いで寺に戻ると隆太は人形を持っていました。奪い取ってマスターの車で逃げます。
人形を川に捨てて、一安心する鬼形経。体調の悪かった彼女も徐々に元気を取り戻していきます。
今度は隆太が学校に来なくなってしまったので、心配した鬼形経が家に行ってみると、今度は隆太の家に恐怖新聞が届くようになっていました。隆太に来ている恐怖新聞には、その女の子から人形を離さないようにと書かれていました。そして期日までに人形を女の子の元に戻さなければ、今度は隆太が呪い殺されてしまうと書かれていたのでした。
数日後、隆太の死体が人形を持って行った寺の森から発見されるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました