結び目/あらすじとネタバレと感想

結び目2010年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

結び目の概要

制作:2010年 日本
監督:小沼雄一
出演:浅尾絢子、奥津啓介、奥津茜、浅尾雁太郎、浅尾将司、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

結び目の見どころ

クリーニング店を経営する元教師が、介護などで苦労する元教え子と再会し愛し合うというストーリー。
小沼雄一監督。主演は赤澤ムック。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

結び目のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

絢子は結婚したものの、毎日家事と認知症の義理父の世話に追いかけられて若いのに疲れ切っていました。昼には夫の会社にお弁当を届け、家事と介護です。
ある日、絢子はクリーニングを持って行こうと服を抱えて近所のクリーニング店に向かいます。
すると、そこで店番をしていたのは絢子が中学の時に付き合っていた、教師啓介でした。啓介も結婚しており、奥さんとも仲が良さそうな雰囲気でした。
ある日絢子は一生懸命に介護しているにも関わらずに義理父に殴られてしまいます。義理父がしていた会社の部下が来ても誰だかわからなかったことが腹がったのか絢子に当たります。
義理父はすでに誰が誰という区別もつかずに暴れるのでした。絢子は限界を感じて夫に相談しますが、夫は絢子のいう事を信じませんでした。後日、殴られた時に出血したことで服についた血液ごとクリーニング店に出します。
そしてしばらくしてその服と中学の時に絢子が持っていた赤いリボンが家に届けられました。逆上して逆恨みに走った絢子はクリーニング店に嫌がらせを始めます。啓介の妻はなぜこんなに嫌がらせが続くのか不思議でなりませんでした。しかし啓介は絢子の仕業だと気が付きます。
絢子は嫌がらせだけでは飽き足らず、直接クリーニング店に電話して怒りだします。
電話に出た啓介の妻は、絢子から中学時代の関係を暴露しだします。啓介の妻は会って直接話をしようと言いますが絢子は拒否します。絢子もまた中学時代の写真を家に入れられたりと嫌がらせされていました。
絢子はふらりと啓介と昔会っていた場所に行ってみると、まさかの啓介が絢子の事を待っていました。
それからは二人は度々会うようになっていくのでした。
はじめは絢子だけが啓介を愛していたのですが、次第に啓介も絢子の事を愛し始めます。啓介は絢子と一緒になる覚悟を固めていくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

絢子は介護もそこそこ、家事もそこそこに啓介に会いに行ってしまうのでした。
そしてついに事件が起きます。絢子が啓介と会っている時に、家に閉じ込めていたはずの義理父が抜け出して行方不明になってしまうのでした。ホテルで居る絢子の携帯電話に夫から電話が来ます。
何をしていたのか問い詰めますが、次第に中学の時の教師(男)だと気が付いて最終的に絢子を殴ります。
絢子は啓介と会っていたことを言い、一人で義理父を探しに行き連れて帰ります。
そして絢子は啓介に別れを告げて、それぞれ元通りの生活に戻るのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました