KOROSHI 殺し/あらすじとネタバレと感想

KOROSHI 殺し2000年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

KOROSHI 殺しの概要

制作:2000年 日本
監督:小林政広
出演:石橋凌、大塚寧々、光石研、山本隆司、深水三章、緒形拳、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

KOROSHI 殺しの見どころ

リストラされた男が妻子には内緒にしていることで、殺しの仕事を引き受けていくというストーリー。
主演は石橋凌。小林政広監督映画で2000年に公開。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

KOROSHI 殺しのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

北海道に住む浜崎祐司は三カ月前にリストラされました。家には妻の和子とアメリカに留学している娘が居ます。退職金を別口座において、毎月自分で口座に給料を振り込んでいます。仕事に行っているふりをしていました。三カ月前から祐司は毎日朝、出社するふりをしてパチンコに行っていました。
そんなある日、行きつけのパチンコ屋がつぶれてしまいます。そして退職金ももうほとんど底をついていました。つぶれたパチンコ屋に車を停めてお昼ご飯を食べている時、初老の男市原が助手席に乗り込んできて殺しの仕事を持ち掛けます。一人殺せば500万くれるといいます。市原は祐司に、一人殺せば娘の仕送りも新しい車も変えることができると言います。そして紙袋を祐司に渡し、前金の250万円と相手の写真、拳銃と連絡用の携帯電話が入っていました。市原は祐司に殺す時に相手の目を見るなと注意します。
断れる理由のない祐司は殺しを引き受けます。
一人目のターゲットは小松公雄。祐司と同じように仕事を解雇され毎日パチンコ屋に入り浸っていました。祐司は人気のない所で小松を後ろから撃ちました。興奮の冷めない祐司は家に帰って妻を思いっきり抱きました。
二人目を殺したところで祐司は完全に殺しの味を知ってしまい、快感を覚え、前金がないのに受けてしまいます。そして妻の誕生日だけは殺しをしないと決めていましたが、仕事が入ります。
他の人に頼むという市原に、どうしても殺したくなった祐司がやはり出向きます。するとターゲットは祐司の元上司でリストラされた下條でした。妻に聞くとリストラされた後、タクシーの運転手をしていましたが支払いが追い付きません。下條の妻は死んで保険金でも入らないかしらと言っていたそうです。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

下條の妻は祐司の妻に祐司のリストラをばらし、下條のタクシーに乗り込んだ祐司は下條に「妻に雇われた殺し屋だろ?」と言います。殺される覚悟の下條でしたが最後に逃げ出そうとします。しかし祐司は後ろから撃って殺します。
そして市原にこの仕事を最後にしたいという祐司。
時を同じく、裕司の家に市原がやってきます。祐司の妻が市原に500万渡し、殺しを依頼します。
妻は祐司の事を「いい人すぎる」という理由で殺しを依頼します。祐司はその日、妻にリストラされたことを告白し、妻も受け入れたふりをします。
そして夜道を歩く祐司に市原が後ろから撃ち、倒れた祐司を抱き起すのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました