隙魔<すきま>/あらすじとネタバレと感想

隙魔<すきま> 2005年の邦画

隙魔<すきま>の概要

制作:2005年 日本
監督:中田圭
出演:野村恵理、山口美也子、米里友利、他

隙魔<すきま>の見どころ

中田圭監督のホラー映画。
団地の隙間に入り込んで死んでしまった少女の霊に翻弄され、さらなる死が訪れていくというストーリー。
主演は野村恵理。

隙魔<すきま>のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校生のルミは友達のハルナから怖い話を聞きます。
ルミとハルナの住む団地で、隙間で死んだ少女が後ろから背中を叩かれたら三日後に死んでしまうというものでした。他にも立ち止まってはいけない、振り向いてはいけない、鏡を見てはいけないという法則があり、ルミはバカバカしいと言ったままコンビニに寄って帰って行きました。すると後ろから息遣いが聞こえてきて肩を掴まれます。ドキッとしましたがコンビニの店員で、ルミが万引きしたと言います。濡れ衣を着せられたルミは担任のサエコ先生を呼びました。サエコ先生はルミをかばい、二人で帰ります。団地に入った時に誰かの息遣いが聞こえます。ルミは噂を信じて振り向きませんでしたが、サエコ先生は振り向いてしまいます。女の子が立っていて25棟を探していると言います。サエコ先生は付いて行くのでルミとそこで別れました。その時ルミはスーツの男を見かけました。
家に帰ったルミに母親が万引きが団地で噂になっていると言います。ルミは否定し、母親もルミを信じます。
その後ルミが部屋で友達と電話していると、クローゼットが勝手に開きます。ぞっとしてすぐに閉めるルミでした。
外から水の音がして、音がする方向に歩いていくと、そこにはサエコ先生と先ほどの少女、それにスーツの男が居ました。同じ水の音が四人には聞こえていました。とりあえずわからないので帰ろうとなった時、スーツの男が団地の隙間に落ちるのでした。警察が調べてみるも、スーツの男は見当たりませんでした。
次の日、なぜかルミの万引き話が悪い方向で広がっており、母親も機嫌が悪く、ハルナにも無視されます。

ネタバレと結末

そして母親の態度が変わりだします。ある日ルミが家に帰ると大切なピアノが捨てられており、毎日母親が単身赴任の父親に電話していたのは偽りであり、父から一年前に離婚していたことを聞かされます。
サエコ先生が噂について調べ、少女ナナミが亡くなったことをルミに伝えると先生は突然走り出し車に撥ねられて死んでしまいます。
ルミはだんだん孤独になっていき、公園で一人で居るとユキがやってきてルミの家に行こうとしたら、生まれてからずっと住んでいるのにも関わらずルミは家を間違えてしまいます。
家に入ると、鏡を見ると狂ったようになったルミが襲ってきます。ユキはルミがナナミに見えてきて怖くなり家を飛び出します。ルミは屋上に登ります。
ルミは思いだします。ナナミをクローゼットから引っ張り出して突き落としたのは自分の母であり、自分がナナミの霊であり、サエコ先生とスーツの男を殺したのは自分だということ。しかし冷静に考えてみると、自分幼いころからルミと呼ばれていて、自分は絶対にナナミではないと確信します。屋上で私はナナミじゃない!と言い続けるルミの前に少女が現れます。そして落ちてしまいます。その様子を見ていた少女とおじいさんが「この子だけは連れて行かないでくれ。ななみ」と言います。
そしてまた公園では少女が現れるのでした・・。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました