ヴァイブレータ/あらすじとネタバレと感想

ヴァイブレータ 2003年の邦画

ヴァイブレータの概要

制作:2003年 日本
監督:廣木隆一
出演:寺島しのぶ 、大森南朋、田口トモロヲ、牧瀬里穂、他

ヴァイブレータの見どころ

赤坂真理の小説を廣木隆一監督が映画化。
寺島しのぶはこの映画で多くの賞を受賞した作品。
闇を抱える女性がコンビニで出会った長距離トラックの運転手の車に乗って気持ちを消化していくというストーリー。

ヴァイブレータのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

雪が降る中、ルポライター早川玲31歳はコンビニにお酒を買いに来ていました。
玲はストレスがたまり、後悔の念の心の声が頭にこびりついていてなかなか買い物もできないくらいでした。
二次障害ともいえる過食嘔吐や不眠、アルコール依存などがこびりついて自分ではもうどうしようもない状態でした。
お酒を探していると、コンビニに入ってきた金髪の男が目に入ります。そして男の履いている長靴がどうしても気になり、頭の中でリフレインします。「あれが食べたい。」と。
男も男で玲が見ていることに気が付いて、玲のズボンを軽く触ります。その拍子に玲はお酒を置いてコンビニを出た男を追いかけます。男はトラックの中から手招きをし、玲も助手席に飛び乗ります。
男は「ようこそ」と言い、玲にお酒を進めます。
岡部希寿という名前の28歳。長距離トラックの運転手でした。学歴が無いからトラックに乗っていると素直に話す岡部に玲は「触りたい」と素直に言うのでした。
そして体を重ねている時に、自分の事は聞かないのかというと下の名前だけでいいと言います。なぜか本当の事を言いたくなった玲はフルネームを教えます。
朝になり、一旦車から降りた玲は「道連れにして」といい再度トラックに乗り込みます。
そして東京から新潟へのドライブが始まります。そして少しづつ自分たちの事を話し出します。
岡部は妻と子が居ました。そしてこれまでの人生を語ってシンナーが大好きだというのでした。
一方で玲も過食嘔吐を告白します。そして頭の中に響いてくる声の事も。

ネタバレと結末

玲は岡部と旅をしながらだんだんと声が聞こえなくなってきたことに気が付きます。
しかしふとした拍子に吐き気をもよおした玲は、トラックを止めてもらい吐きたいのに吐けないことで少しパニックになります。二人は荷物を下ろして、ラブホテルに泊まります。玲は今、この瞬間優しい岡部に安心します。岡部は計算したやさしさではなく本能で誰にでも優しいのでした。
玲は岡部の胸で子供のように泣きじゃくり、感情を爆発させます。岡部はしっかりと受け止めて眠ります。
次の日、玲はお別れの時間が近づくと、家で恋人が待っているとウソをつきます。
岡部にも妻子がいるなんて嘘でしょとカマをかけるとあっさり嘘だと言いました。ご飯を食べて、岡部がトラックを運転してみないかといい、玲が運転してみると爽快な気分になりました。
二人が出会ったコンビニに着き、二人は名残惜しい気持ちでお別れします。
もう、玲の頭には声が聞こえませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました