つぐみ/あらすじとネタバレと感想

つぐみ1990年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

つぐみの概要

制作:1990年 日本
監督:市川準
出演:牧瀬里穂、中嶋朋子、白島靖代、真田広之、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

つぐみの見どころ

よしもとばななの小説TUGUMIを市川準監督が映画化。
主演は牧瀬里穂。
病弱で美少女のつぐみのひと夏の出来事をいとこのまりあ目線で描いた作品。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

つぐみのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京の大学に通っているまりあに、西伊豆松崎町に住んでいる従妹のつぐみから手紙が来ます。夏休みに伊豆に遊びに来ないかというものでした。つぐみの家は旅館で、まりあも母と一緒にその旅館で暮らしていました。
なのでつぐみと、つぐみの姉陽子とは姉妹のような関係です。
夏休みになるとまりあは、伊豆に向かいます。つぐみは生まれた時からの病弱で、生まれた時から短命を医者に言い渡されていました。よって周りはつぐみのことをとにかく可愛がります。その結果、つぐみは大変わがままな子に育ってしまっていたのでした。わがままだけではなく勝手で、思春期には不良とたむろし夜遊び三昧で親を困らせていたのでした。まりあが到着すると、陽子とつぐみが迎えに来ていました。相変わらずつぐみは憎まれ口をたたくものの、まりあが来てくれたことが嬉しいのでした。
早速つぐみの愛犬ピンチと共につぐみとまりあは散歩に行きます。すると街の不良に囲まれてしまいました。この時、二人の青年が救ってくれたのですがこの少年のうち恭一につぐみは恋をします。
そのままになるかと思いきや、恭一の兄がつぐみの旅館におり、恭一が遊びに来ます。
しかしその後つぐみは熱が出てしまいます。恭一は美術館で働いており、まりあが行ってつぐみに愛に来て欲しいと伝えます。しかしいざ恭一が来ると、弱った自分を見せたくないつぐみは隠れてしまうのでした。
そして回復した後、つぐみは恭一の美術館に行きました。つぐみの恋心は順調に実っていき、二人はデートを重ねます。このことを面白くないと思った不良たちは恭一をボコボコにし、つぐみの愛犬ピンチを連れ去ってしまいました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

つぐみがピンチを探し回ると、浜辺で死んでいるピンチを発見します。
それからつぐみは夜中に家を抜け出して朝に帰ってくるようになりました。つぐみは一人で不良たちへの復讐を考えており、不良のアジトの近くに落とし穴を黙々と掘っていたのでした。しかし体の弱いつぐみにとって、夜更かしと体力を使うこの方法はつぐみの体力を消耗させ、ついにつぐみは入院することになってしまいます。そのまま時は流れて、まりあは東京に戻りました。しばらくしてつぐみから手紙を受け取ると、まるでもうすぐ死んでしまうような内容でまりあはびっくりします。しかし東京で日々を過ごしていると、つぐみから電話がかかってきてびっくりして電話を取るといつも通りの不機嫌なつぐみからで、まりあはほっとするのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました