いしゃ先生/あらすじとネタバレと感想

いしゃ先生2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

いしゃ先生の概要

制作:2016年 日本
監督:永江二朗
出演:平山あや、榎木孝明、長谷川初範、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

いしゃ先生の見どころ

東京女子医大を卒業した女医が当時無医村だった山形県大井沢村で医療に生涯をささげた実話。あべ美佳の小説を元に永江二朗監督が映画化。主演は平山あや。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

いしゃ先生のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

昭和10年のこと。山形県の小さな村に東京女子医大を卒業した志田周子が帰ってきました。
周子はこの小さな村の出身で、父の電報によって呼び戻されていたのでした。父が言うには無医村の村で医者としていてくれないかという事でした。すでに診療所は建っており、頼みこまれた周子は三年だけという約束で医者としていることにしました。東京に好きな人がいた周子には悲しい事でしたが、三年だけと自分に言い聞かせるのでした。
しかし診療所には誰も来ません。当時の日本では保険制度がなく、医者にかかる=大金がかかる。というイメージがあり、貧しい村ではとてもじゃないが医者にはかかれないという思い込みがあったのでした。その上に「女」の医者というのは信用がなく、怪しまれて誰も相手にしてくれません。周子は往診することにして、歩き回りますがほとんどの家で必要ないと返されてしまいます。
ある日、弟の悌次郎の同級生の母が苦しんでいると聞いて往診に行きます。が、その家はお金もないし、村の噂になるのが怖いので周子を家の中に入れることを断固拒否しました。
家の前で立ち尽くす周子の前を、呼ばれた祈祷師が入って行きます。なすすべもなく周子は悌次郎と帰り、三日後にその母親は亡くなります。
東京の恋人から百合の球根が送られてきて診療所に植えていく周子。おばあちゃんを背負ってやってくる患者が居ました。意識がすでに亡くなっており、周子が胸を叩いて蘇生させようとするも村人が止めます。それでも周子は胸を叩き続け、無事に蘇生することができました。患者第一号でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

それからは診療所に来る人も多かったけれど、貧しい村ではお金を置いていく人の方が少なかったのでした。
周子がやってきてから二年後、村に居た産婆が高齢なことから産婦人科もしてくれと言われます。東京の彼氏と結婚したい周子は断るものの、村の現状が変わることはなく仕方なく受け入れます。
周子の母もまた妊娠していたのでした。しかし予定よりも二か月も早い出産であり、母はそのまま亡くなってしまいます。母の居なくなった家族の世話と診療所とで忙しく過ごす周子。彼氏が駅まで迎えに来るという手紙をもらい、待ち合わせ場所に向かおうとすると村で急病が出ます。恋人の事はあきらめて、目の前の事をすることにした周子は患者の元に急ぎます。その後10年が経ち、周子にも助手がつきました。その頃、周子は病に侵されていますが誰にも言わずに薬を飲み続けていました。それからも診察を続け、周子は保健文化賞の受賞式に出ることになります。人の命は平等だとスピーチし、その後昭和36年に国民皆保険制度が制定し、その次の年に周子は食道がんで亡くなります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました