トウキョウソナタ/あらすじとネタバレと感想

トウキョウソナタ 2008年の邦画

トウキョウソナタの概要

制作:2008年 日本
監督:黒沢清
出演:香川照之、小泉今日子、役所広司、他

トウキョウソナタの見どころ

日本・オランダ・香港の合作映画。監督は黒沢清。
平凡な家庭の崩壊から再生までを描いた作品。
第61回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門審査賞を受賞し、世界的に高い評価を受けた映画。

トウキョウソナタのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

東京で暮らす佐々木一家。他人から見れば幸せそうで何の問題もないような家庭に見えます。
しかし家の中ではそれぞれに秘密を抱えて生きていました。メーカーで働く父親の竜平はリストラを言い渡され、毎日スーツを着て出社するふりをしていました。仕事を探すもののなかなか見つかりません。
ハローワークもどこまでも続く人の列に並び、失業者の多さにもびっくりします。ある日、公園の炊き出しに並ぶ竜平は同級生の黒須と再会します。黒須は携帯をセットして仕事をしているフリをしていました。その後黒須は無理心中を図り、子供を残したまま死んでしまいます。
大学生の貴はアルバイトに熱心です。しかしアメリカ軍が国外の志願兵していることを知って、アメリカに行ってしまいました。次男の小学生健二は給食費をくすねてピアノ教室に通っていました。
竜平は清掃の仕事にありつくものの、家族には言えないままでした。
妻の恵はうすうす気が付いているものの、知らなかったふりをします。毎日ご飯を作って家族の帰りを待つ、いい妻を演じていました。
ある日、恵は健二の担任に給食費未納で呼び出されてしまいます。怒ったものの、竜平には内緒でピアノ教室にへ通わせることにするのでした。健二は驚異的な才能を持っており、ピアノの先生にも音楽大学附属中学校を進められるほどでした。しかし竜平にばれてしまい、竜平が健二を殴ってしまいます。するとそこで初めて恵は竜平に立てつくのでした。「失業してるくせに」と。

ネタバレと結末

健二と竜平はケンカになり、健二は階段から落ちてしまいます。幸い軽傷だったのですが、この事件によって家族の溝はさらに深くなりました。
ある日、恵が家に居ると強盗が入ります。強盗は恵に盗難車を運転させて、ショッピングモールに立ち寄るとそこには清掃している竜平の姿がありました。竜平はトイレで札束を見つけてポケットに入れていました。働く姿を恵に見られた竜平は道路に飛び出し車に轢かれてしまいます。意識を失いそのまま一夜を過ごします。
そのまま恵は泥棒と一夜を明かし、健二はバスに無銭で乗ろうとして拘置所で一夜を過ごします。
三人はしれっと次の日の朝、自宅に帰り何事もなかったかのように何も言わずに食卓を囲みます。
そして音楽大学附属中学校の受験の日、健二は月の光を圧巻の演奏で披露したのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました