天然コケッコー/あらすじとネタバレと感想

天然コケッコー2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天然コケッコーの概要

制作:2007年 日本
監督:山下敦弘
出演:夏帆、岡田将生、柳英里沙、藤村聖子、夏川結衣、佐藤浩市、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天然コケッコーの見どころ

くらもちふさこの人気漫画を山下敦弘監督が映画化。
田舎に住む少女が東京からやってきた転校生に恋をするほのぼのストーリー。
キャッチコピーは「もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう」。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

天然コケッコーのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

超田舎町で育った右田そよは中学生です。学校は小、中学生を合わせて6人。みんな一緒に学んでいます。
そよは中学2年生で最年長でした。そんな田舎の学校に、東京からの転校生がやってきたから大ニュースでした。そよと同い年の中学二年生で、しかもイケメン。そよは思わず「イケメンさんじゃあ」と言ってしまいます。
しかしその転校生大沢君は、とても感じが悪いのでそよの気持ちは一気にしぼんでしまいます。
学校の行き帰りも全員一緒に行くものの、大沢君はずっと毒を吐きながらついてきます。海に行くことになり、みんなで行くものの、昔に自殺をした人が幽霊となって出てくると言われる道を歩きます。そして大沢君と和解していくそよ。大沢君は裏表がないだけで、悪意が無いことに気が付きました。
次の日、そよは大沢君に街にデートしに行こうと誘われます。しかしそよは一緒に学校に行っているさっちゃんのお見舞いに行くのでした。
村でお祭りがあり、そこで大沢君の母(美容師)に会います。大沢君はそよを彼女と言って紹介しますが、そよの父はそよが大沢君と仲良くしていることを不満に思っていました。
そして修学旅行で東京に行きます。東京に行ったそよはあまりの人の多さにクラクラします。そして都会は向いていないことを自覚するのでした。ある日、そよは大沢君の母親と自分の父が仲良く話しているのを見かけました。気になって仕方がないのですが父には聞けず。結局そのままなのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

ある日、高校進学のために学校見学に行くことになりました。
とはいっても高校もふたつしかなく、行きたい高校は男子は丸坊主という規則があり大沢君は顔をしかめます。そしてもしかすると東京の大学に行くかも知れないと漏らすのでした。
そよにとっては初めて外部の子たちと混じって大人数で過ごす高校は不安でいっぱいです。大沢君のボタンをつけなおしてあげている時にももうこんなこともできないかもしれないと思いながら、もしボタンが取れたら東京から送ってきたらいいよというのでした。一緒に高校に行きたかったというそよの言葉を聞いて大沢君は同じ高校に行くことにします。そして合格通知が来た日にふたりはキスするのでした。
そうして坊主頭の大沢君とそよが新しい制服を着て、高校に通います。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました