夜のピクニック/あらすじとネタバレと感想

夜のピクニック2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

夜のピクニックの概要

制作:2006年 日本
監督:長澤雅彦
出演:多部未華子、石田卓也、郭智博、西原亜希、貫地谷しほり、松田まどか、柄本佑、高部あい、加藤ローサ、池松壮亮、他

夜のピクニックの見どころ

恩田陸の小説を長澤雅彦監督が映画化。
ある高校では一晩中生徒が80キロ歩くという歩行祭があり、この行事を通して気持ちがひとつになっていく情景を描いた作品である。
キャッチコピーは「みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう」。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

夜のピクニックのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

甲田貴子が通っている高校では歩行祭という行事があり、一晩中生徒が80キロを歩くというものです。
高校三年生の貴子は今年が最後の歩行祭であり、貴子はある決心をしていました。
それはこれまで避けてきた西脇融と話をするというもの。西脇融と貴子は異母兄妹でした。なのでお互い意識はしていたものの、面と向かって話せるほど無神経にはできていなかったのでした。
もちろんクラスメイトもその事は知りません。それでもお互いに意識するので、知らない子から見たら好きなのだろうと誤解されることもあります。
歩行祭では毎年カップルができており、周りはいよいよ貴子と融がカップルになるのではないかとにらんでいました。
そうこうしている間に歩行祭の当日になりました。
はじめこそ、楽しくおしゃべりしながら歩いているものの、だんだんだらけてきます。そして昼食を食べるころには融と話すチャンスが巡ってくるものの、やっぱり貴子は話しかけることができませんでした。
異母兄弟という事は遊佐美和子と榊杏奈だけは知っています。母がこっそり話していたのでした。杏奈はアメリカに引っ越していましたが、弟の順弥を歩行祭に参加させていました。美和子は貴子と融が話せるように助けますがなかなかうまくいきません。
そんな中、杏奈の弟が皆に二人が異母兄弟だという事を話してしまいます。融の親友の戸田忍は驚きながらも今まで隠されていたことに腹を立てます。しかしこれまで忍は貴子が好き無いんじゃないかとからかってばかりだったので貴子への態度を反省します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

貴子は融の父が浮気してできた子でした。そのため貴子は融に対してとても後ろめたい気持ちだったのでした。
いよいよゴールまで後20キロ。今後は走ってゴールに向かってもいいというルールです。
その時、美和子との会話で貴子と融が異母兄弟だという事を知っていたことに貴子が驚きます。貴子は隠し事をしていたことで後ろめたい気持ちだったのが急に心が晴れてきます。
そして貴子たちも融たちと合流します。足をくじいてしまった融の荷物を代わりばんこに持ちながらゴールを目指します。貴子と融は話をし、皆にも自分の口から異母兄弟という事を言えるようにまでなりました。貴子と融も和解し、また同じコースを歩こうと約束し歩行祭を終えるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました