愛と誠/あらすじとネタバレと感想

愛と誠2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

愛と誠の概要

制作:2012年 日本
監督:三池崇史
出演:妻夫木聡、武井咲、加藤清史郎、斎藤工、大野いと、安藤サクラ、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

愛と誠の見どころ

梶原一騎の漫画を三池崇史監督が映画化。映画化は二度目で今回は角川・東映版である。
主演は妻夫木聡、武井咲。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

愛と誠のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

1972年の東京では、高校三年生の良家の令嬢である早乙女愛(武井咲)が白馬の王子様である太賀誠(妻夫木聡)と運命的な再会を果たします。愛は幼いころに誠に命を助けられたことがあり、愛はこれぞ運命の人だと思い込んでいた所がありました。
誠は生活も荒れており、不良として少年院へ送られますが、愛が手をまわして釈放されて愛と同じ高校に通う事になりました。愛は誠を金と愛で更生させようと考えたのでした。
登校してくた誠は額の傷を担任に馬鹿にされて、担任を殴ります。この傷は幼少時代の愛がスキーをしていた時にを助けようとしたことが原因でした。誠は額の傷が原因でいじめにあっていました。
騒ぎを聞きつけてやってきたのは生徒会長の岩清水弘(斎藤工)。弘は愛の事が好きで、愛が誠をかばうことを芳しく思いませんでした。校長も早速誠を退学させようとしますが、愛が止め「誠を愛している」と言い切ります。
誠の住む家も生活費も愛が面倒を見て、徹底的に尽くす愛ですが誠の要求はエスカレートするばかりです。
ついに愛はアルバイトを始めますが、喫茶という名のキャバクラでした。それを弘が許せません。誠に伝えると、誠はバイト中の愛の写真を撮って愛の親に口止め料を強請ります。愛の両親は手切れ金だと思って金を渡し、誠を退学させます。誠は悪の掃きだめのような高校に転校し、高原由紀と出会います。そこに心配した藍が転校してきます。その後を追って、弘も転校してきます。
由紀に悲しい女だと言い捨てた誠は由紀をホテルに誘いますが何もせずに出てきます。由紀は陰の女番長だったのでした。由紀は執着心が強く、そのことを察した誠は引いたのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

誠がホテルと出ると、酔いつぶれて警察沙汰ばかり起こす誠の母親を見かけました。
由紀は誠に馬鹿にされたと思い、誠をやっつけようと思います。そして愛が誘拐されます。誠は無視していたものの由紀たちのアジトの前を偶然通りかかり、愛を助ける羽目になってしまいます。そして誠は番長と戦う事になりました。誠が負けそうになった時、番長が額の傷を馬鹿にします。すると誠が切れて番長を倒します。やっと愛のまっすぐな愛に気が付いた誠。誠は母親に会いに行きます。線路で自殺しようとしていた母親と一瞬一緒に死んでしまおうかと思ったものの、助けます。最後に誠の名前を呼んでくれたことで誠は母親に感謝して別れます。
一人で歩いている誠を担任が刺します。そしてそのまま愛に会いに行き、弘はその姿に身を引きます。愛と誠は抱き合いながら誠が動かなくなるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました