コンテイジョン/あらすじとネタバレと感想

コンテイジョン2011年の洋画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

コンテイジョンの概要

制作:2011年 アメリカ
監督:スティーブン・ソダーバーグ
出演:マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

コンテイジョンの見どころ

スティーヴン・ソダーバーグ監督。出演はマリオン・コティヤール。
世界中に蔓延していく致死率の高い謎のウイルス感染症をテーマに人々のパニックを描いた作品。
コロナウイルスに似ていることから、再び話題となっている映画。
今回のコロナと同じようなデマと陰謀論の拡散や医療従事者の感染および伝染、買い占めや都市封鎖の内容そっくりになっている。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

コンテイジョンのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大企業に勤めている女性重役のベス・エムホフは香港の用事を済ませた後、アメリカに帰国したものの夫と子供が居る家には帰らずに、シカゴの元恋人の所に行きます。
べスは飛行機に乗る前に、咳が出ていましたがそのまま帰国し、彼の家で楽しんだ後家に帰ります。ベスは次第に具合が悪くなりけいれんを起こして意識を失ってしまいます。ベスの夫は急いで病院に運んだものの、ベスは死因不明で亡くなってしまいました。夫が家に帰るとベスの連れ子の息子も同じ状態で死んでいました。夫は一旦隔離されますが、正体不明の病気に免疫があることが判明した後解放されます。
同じころ香港では原因不明の若者が倒れてトラックに轢かれたり、香港でベスと仕事をしていた日本人が帰国後バスの中で倒れたり、イギリスでも同じように原因不明で女性が亡くなっていました。
アトランタでは国土安全保障省の職員らが疾病予防管理センターでエリス・チーヴァーにこの病気が生物兵器によるテロではないかと相談します。チーヴァーは病気の探偵のエリン・ミアーズに調査を依頼しました。
ミアーズは発生源をベスまで突き止め、感染拡大阻止に向けて協力を訴えますが相手にされません。
そしてミアーズ自身も感染して死んでしまいます。
ついに感染が爆発的に広がりだし、香港は全ての住民の検査を開始しだし、シカゴやミネアポリスは封鎖されます。すると街では強奪の犯罪が勃発しだします。
研究者たちは全世界で12人に1人が感染し、致死率は25から30%と予測します。
このパニックの中、ひと儲けしようとたくらんだアランはレンギョウに由来するホメオパシーでウイルスを克服したとネットに流すと、街はレンギョウを求めて大騒動が起こります。全くの嘘であり、アランは投資家たちとウソの噂を流して大儲けしたのでした。全世界にパンデミックに陥ってしまい、治安は一気に最悪になります。研究者たちは必至で研究を続け飛沫感染及び接触感染であることを突き止めます。
やがてヘクストール博士がワクチンを作るのに成功し、量産されることになりましたが、アランはまたしても邪魔しようとワクチンを打つなと訴えます。アランは国土安全保障省に詐欺罪で逮捕されてしまいますが、すでにレンギョウが効果があると思い込んでいる熱心なファンの協力によって、介抱された上に巨大な金を得ます。ワクチンは出来上がり次第抽選で打てることになりましたが、全世界で約2600万人の死亡者を出しました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

・・・ウイルスの元は、ベスが重役を勤めている会社が工場建設用地を開拓しようと木をなぎ倒し、コウモリが逃げます。逃げた先に豚小屋があり、バナナを落とします。そのバナナをブタが食べて死に、解体したコックがベスとカジノで握手してベスに感染した。ということでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました