あしたの私のつくり方/あらすじとネタバレと感想

あしたの私のつくり方2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

あしたの私のつくり方の概要

制作:2007年 日本
監督:市川準
出演:成海璃子、前田敦子、高岡蒼甫、近藤芳正、奥貫薫、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

あしたの私のつくり方の見どころ

真戸香の小説を市川準監督が映画化。
主演は成海璃子、前田敦子。
多感な時期の中高生が、さまざまな影響を受けながら自分と向き合って成長していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

あしたの私のつくり方のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

中学受験を控えた小学6年生の杉谷寿梨は、常に自分をいい子に見せようとしてしまい、素が見せられませんでした。
家では不仲の両親にいい子に見られるように計算して行動し、クラスにはいじめを受けているまなみやリーダー格の日南子がおり安心できませんでした。寿梨は1週間学校を休んで中学受験しますが失敗に終わります。
が、寿梨が学校に行くと今度は日南子がいじめられていました。
卒業式の日、日南子はいじめを受けていたのはウソの自分で必死で良い子を演じていただけだと言います。寿梨も家でいい子を演じているということで、ふたりは親近感を感じます。
寿梨は地元の中学に入り、日南子はかわらずいじめられていました。中学二年になった時に寿梨の両親は離婚して、兄の真は父と、寿梨は母のもとで暮らすことになり、母親とマンションで暮らすことになります。日南子とは接触のないまま二年が経ち、高校生になった寿梨。母を支えながらまたしてもいい子を演じる寿梨は毎日にうんざりしていました。
そのころ日南子も引っ越ししたことを知ります。同級生に日南子のメアドを教えてもらい、コトリの名前でメールし、ヒナという名前の創作話を送っています。寿梨が書く物語の通りのヒナが動くことで転校先で明るくなっていきました。寿梨もまた離れた所で生活している日南子を想像し、羨ましく思いだします。そして返事をもらいながら、参考にして日南子は小説を書いていくのでした。母にも学校でも認められていく寿梨は彼氏もできました。しかし母に彼氏ができたことで、なんだか自分が用済みになったように感じてしまいます。
しかしそこでも日南子はまたウソの自分を演じているだけと気が付きます。
日南子は彼氏に自分の気持ちを正直に伝えて、別れます。
しかし彼は再び現れて、今の日南子が好きだと告白してきます。日南子の母は悩んでいても楽しんでいても悲しんでいてもどんな日南子でも大好きだと言ってくれました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

コトリの正体が寿梨だと気が付いた日南子は寿梨に感謝の電話をします。
寿梨は正直に、本当に生きたい自分を送っただけだと言いました。日南子はダメな自分が認められなくていい子を演じていただけだと言います。そして自分の全てを認めることで楽になれると寿梨に話します。日南子は初めからコトリが寿梨だという事に気が付いていたと言い、ずっと会いたかったと二人で言って家に帰ります。それぞれの居場所に帰った二人は笑顔になります。二人は自分に向き合う事を決意したのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました