おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

楽園/あらすじとネタバレと感想

楽園2019年の邦画
スポンサーリンク

楽園の概要

制作:2019年 日本
監督:瀬々敬久
出演:綾野剛、杉咲花、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、石橋静河、根岸季衣、柄本明、佐藤浩市、他

スポンサーリンク

楽園の見どころ

吉田修一の短編小説集『犯罪小説集』を原作として、瀬々敬久監督が映画化。主演は綾野剛。
限界集落で12年前、未解決の幼女誘拐事件がおきた。12年後にまた同じ場所で事件があり、容疑者にされている青年と傷ついた少女、限界集落で暮らす男の人生が複雑に絡み合い事件を解決に導く。

楽園のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

12年前、小学生だった湯川紡は、愛華と一緒に下校していました。
ひとしきり道草を楽しんだ二人はY字路で別れて家に帰ります。しかし、その時から愛華は行方不明になってしまいます。
同じ日に村の神社で開かれていた骨董市では、偽ブランド品を売る中村洋子が場所代を払えないことで、チンピラから暴行を受けていました。洋子の息子である中村豪士(綾野剛)がすぐに村の主である藤木五郎たちに言いに行き、すぐに収まります。
元々カンボジアの難民だった中村家は、日本に逃げてきて帰化したのですが未だに日本語がつたなくて、定職につけないのでした。藤木が仕事を世話してやろうとしていた時に、藤木の孫である愛華が行方不明になったのでした。
村中必死になって探しましたが、愛華は見つからず、時間だけが過ぎて行っていました。
愛華の事件から12年後、高校を卒業した後ホームセンターでバイトをしている湯川紡は、今でもあの時から心を閉ざしたままでした。一緒に地元に残った幼馴染の野上広呂が紡に思いを寄せているにも関わらず、紡は殻に閉じこもっていました。
村では村祭りの日が近づいていて、紡も神楽の稽古に通います。その帰り道に自転車がパンクしてしまい、豪士が載せて帰ってくれました。豪士は祭りで移動リサイクルショップを出すと言い、紡も神楽に誘います。
その頃、前に愛華が居なくなったあのY字路でまたもや小学生が行方不明になります。
なぜか、村人は今回も、12年前の事件も豪士が犯人だと噂します。
豪士の住む町営住宅に村人がなだれ込んできます。その光景を見た豪士は、今まで村人たちに差別や偏見を受けてきたことがフラッシュバックします。そして豪士はその場から逃げ出してしまいました。
そして豪士は逃げ回ったあげく、飲食店に飛び込み灯油をかぶって自分に火をつけました。
紡と広呂は東京に行き、徐々に心を通わせるようになりましたが、広呂の体を病魔が襲います。

ネタバレと結末

善次郎は10年以上前に介護のために妻とこの村に帰ってきたものの、妻に先立たれてからは犬だけが心のよりどころでした。善次郎は村の集会で黒塚久子と出会い、心が繋がるものの瞬く間に村の噂になってしまいます。
その上村おこしをしようと善次郎が立てたプランで村人がへそを曲げ、善次郎は村中から村八分になってしまいます。田舎特有のしてもいないことまで自分のせいにして怒られたり蔑まれたり嫌がらせをされたりという事が毎日のように腹いせに続けられて、自分のせいでもないのに理不尽ないじめを集団でする村人に追い詰められていきます。久子だけは善次郎の味方だったのですが、それも村人は気に入らない。何をしても気に入らないので、日ごろのストレスを全部善次郎のせいにしてストレスを発散しているのでした。
ある日、善次郎には何をしてもいいと思っている村人は善次郎の家の墓にペンキで落書きします。
その上何の断りもなく行政代執行によって土地も取り上げられ、墓も重機で踏み荒らされてしまいます。
・・・その頃、紡は久しぶりに実家に帰って豪士の母に会います。行方不明の女子も見つかり、真犯人も見つかっていました。そして豪士の母から手紙を受け取ります。「つむぎさんはわるくない」というものでした。
豪士の母は豪士が日本に来たときに楽園だと信じ込んでいたことを思いだします。
その時事件が起こります。善次郎がついに切れたのです。鎌を持って村人を惨殺していき、最後には自分も割腹自殺をしたのでした。
紡はあのY字路に来て、豪士も善次郎も何も悪くないのに村人が安心したいためによそ者のせいに仕立て上げることに腹が立ってきました。紡はようやく前を向けるようになります。

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2019年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました