さよなら渓谷/あらすじとネタバレと感想

さよなら渓谷2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

さよなら渓谷の概要

制作:2013年 日本
監督:大森立嗣
出演:真木よう子、大西信満、大森南朋、鈴木杏、鶴田真由、他

さよなら渓谷の見どころ

吉田修一の小説を大森立嗣監督が映画化。主題歌は椎名林檎の書き下ろしの幸先坂を真木よう子が歌った。
主演は真木よう子。
夫妻の暗い過去を発見した刑事は衝撃的な事実を知ることになるといったストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

さよなら渓谷のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある渓谷のアパートに、尾崎俊介とかなこの夫婦が住んでいました。
その隣に住む、立花里美が息子の萌を殺したことでマスコミが集中していました。マスコミにもまれながら警察に連れて行かれる里美。取材に来ていた渡辺一彦は後輩の小林杏奈に任せて先に帰ります。渡辺は妻と不仲なのでした。警察は里美に隣人の尾崎俊介と男女の仲になったから邪魔になった息子を殺したのだろうと言われますが、否定します。渡辺は俊介を調べ始め、高校と中退した大学を見つけます。学校へ行くと表彰されるくらい優秀な生徒だったことがわかります。大学は卒業半年前に中退しており、就職した証券会社を訪ねます。証券会社では俊介をコネ入社させた先輩が居ました。その男と接触すると、俊介は野球部のエースとして活躍していたものの、夏休みに集団レイプ事件を起こしていたのでした。渡辺もかつてはラグビーに夢中になっていたことから俊介の事をかばう気持ちが出てきます。杏奈からレイプの被害者である水谷夏美のその後の人生を聞くと今では結婚しているそうです。前の縁談が隠していて破談になったことから、正直に告白してから結婚したものの簿力をふるうようになってしまい、母の前で自殺未遂してしまいました。
妻の尾崎かなこは夫の瞬介と里美が不倫関係にあったことを警察に言いました。
俊介は留置所に拘留されてしまいますが黙秘を続けました。そして渡辺は尾崎かなこは水谷夏美だと気が付きます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

俊介は自殺未遂した夏美に何度も手紙を書いており、なんでもすると書いていたのでした。俊介は反省していたのです。かなこの名前は、夏美がレイプされる寸前に見捨てて先に帰った子の名前でした。夏美が自殺しようとした所を止めた俊介は、惹かれ合い不幸になると約束して疑似夫婦として暮らしていくことにしました。
このことを夏美(かなこ)は尾崎と杏奈にだけ話、記事にはしない約束をします。夏美は里美と俊介の関係を一転して否定しだします。俊介が釈放され、日常が戻ります。
尾崎は妻に離婚はしないと言われます。この事件を追っていた尾崎は妻の事を抱きしめるのでした。
尾崎は俊介の元を訪ねると、夏美が「さよなら」という置手紙ひとつで出て行った事を知らされます。夏美を絶対に探し出すという俊介。尾崎は事件があって出会った夏美との人生と、事件が無くて出会えなかった人生とどちらがいいのか問いかけて映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました