ワンダフルライフ/あらすじとネタバレと感想

ワンダフルライフ1999年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ワンダフルライフの概要

制作:1999年 日本
監督:是枝裕和
出演:ARATA、小田エリカ、寺島進、内藤剛志、谷啓、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ワンダフルライフの見どころ

是枝裕和監督に作目の映画。主演はARATA。
「貴方の一番大切な思い出を1つだけ選んでください。」
人は死んだあと、とある施設に行きこれまでで一番大切な思い出をひとつ選び施設のスタッフが思い出を映像化し、その思い出を胸に死の世界に旅立って行くというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ワンダフルライフのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

月曜日。亡くなった22名がある施設に入って行きます。番号順に呼ばれて面接が始まります。
面接では、ここに居られる期間は一週間であること。三日間で「人生の中で一番印象に残った大切な思い出を選ぶこと」を通告されます。
スタッフは死亡した人の思い出を映像化し、土曜日に見せます。そこで幸せだった思い出が最高潮になった瞬間に死後の世界に旅立つようになると言われます。
今まで思い出を振り返ったことのなかった人や、いい思い出が無い人、急に死んでしまった人などが居るので思うように思いだせない人も居ます。
スタッフは根気強く聞き込みをしますが、期限の水曜日になっても渡辺一朗という老人は思い出を選びきれませんでした。そして渡辺一朗の人生を流す映像を見ることになりました。
望月隆と里中しおりが渡辺の部屋に行くと、渡辺は映像を見ていました。新婚当時のもので望月はその姿を見て渡辺の担当になりたいと上司に申し出ます。
当然施設のスタッフも皆亡くなっており、川嶋さとるは娘が成人するまで。と言って働いています。
望月は戦争で亡くなってから今までずっと施設のスタッフになっていました。
金曜日、皆は最終の打ち合わせになりますが、思い出を選べない渡辺と伊勢谷は暇を持て余します。渡辺はもう一度人生のビデオを見て妻との思い出のひとこまを選びます。渡辺が時間がかかってすいませんと謝るが、望月はスタッフは全員選びきれなかった人間だと教えます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

スタジオではスタッフが全員でみんなの思い出を作り上げていました。
そして土曜日の上映会。亡くなった人たちは楽団に促されて上映会に行きます。渡辺は望月から手紙をもらいました。渡辺の妻は、望月のいいなずけだった人でした。渡辺の妻はすでに亡くなっており、しおりが渡辺の妻の映像を探し出してきます。すると渡辺の妻が選んだ映像は望月とのものなのでした。望月は50年経った今やっと思い出を選べるようになり、日曜日には望月の上映会が開催されました。
そして望月はその思い出を持って死後の世界に旅立ちました。
思い出を選びきれなかった伊勢谷がスタッフに入ることになり、新しい月曜日が始まるのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました