生きたい/あらすじとネタバレと感想

生きたい1999年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

生きたいの概要

制作:1999年 日本
監督:新藤兼人
出演:三國連太郎、大竹しのぶ、柄本明、他

生きたいの見どころ

1999年の新藤兼人監督作品。
躁うつ病の中年娘を持っている中年の男性は「姥捨山」の民話の虜になり、生と死について考え込んでしまうというストーリー。
出演は三國連太郎。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

生きたいのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

長野県千曲市大字八幡姨捨にある、姨捨駅についた山本安吉は目の前に広がる姥捨て山を見て恐怖心を煽られてしまいました。
東京に帰った安吉は、なじみのスナックペペルモコに行き、ママにその話と共に姥捨て山の話をします。しかし安吉は粗相をしてしまい、ママに追いだされてしまうのでした。
安吉は妻に先立たれてからというもの、会話がなく、ママに夢中になることで過ごしてきましたが、ママからすれば安吉は手のかかる老人でしかありませんでした。そして行き場のなくなった安吉はそのまま路上で寝てしまい、医師長太郎の乗った自転車に轢かれてしまいます。病院に担ぎ込まれた安吉でしたが、長女の徳子はそのまま父を入院させてくれと言います。徳子は躁うつ病を患っていました。しかしそんな徳子でも安吉が邪魔なのでした。病院も患者であふれており、安吉は退院させられます。安吉は病院から持って帰った姥捨て山の本を夢中で読み始めるのでした。
・・・姨捨は谷にある13軒の家が集まった村でした。ある日のこと、村の男が死に妻オキチが残されてしまいます。村の掟により、後家になったオキチの引受先をくじ引きで決めます。老女オコマが当たり、オキチが連れて帰られて長男クマの嫁にしました。狭い家で毎晩クマとオキチの夜の営みが始まります。
次男のウシはひとつも面白くありませんでした。それでもオキチはやっと安心するのでした。オコマは今年70歳で、村の掟通り12月に山入することが決まっていました。お山入りの日が近づくと準備が始まり、クマは離れたくないと泣きます。
・・一方、安吉は懲りずにママの元に通い続けます。次女の幸子が家に帰った時に安吉はまた粗相をしてしまい、徳子には叱られ風呂に入れられるも風呂で倒れてしまいます。病院に行き、安吉の長男の輝男が失禁があるので結婚式には出なくていいと言われてしまいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

長太郎が見かねて特別養護老人ホームを紹介します。現代の姨捨山に捨てるのかと激怒しますが、安吉は徳子の事が心配でもありました。
そうして老人ホームに入居した後、今度は徳子の状態が悪くなりました。
・・・オコマのお山入りの日が来ます。オコマを背負ったクマは死の谷へと向かいます。
オコマは覚悟を決め、雪の中で念仏を唱えます。そしてクマは泣く泣く家路に急ぎます。
やはりさみしくなった徳子は老人ホームへ行き、安吉を連れて帰ろうとしますが、安吉は自分を捨てたはずだと言い切ります。しかし徳子はさみしくて仕方が無いと言い安吉はあきらめて家に帰ります。
そして昼寝をしている安吉の周りにカラスが群がり、徳子は取りつかれたように猟銃で次々とカラス達を撃ち殺していくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました