人生の約束/あらすじとネタバレと感想

人生の約束2016年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

人生の約束の概要

制作:2016年 日本
監督:石橋冠
出演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、ビートたけし、西田敏行、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

人生の約束の見どころ

富山県射水市新湊地区を舞台にしたオリジナルストーリーを石橋冠監督が映画化。
主演は竹野内豊。
親友の死をきっかけに、故郷の曳山祭の危機を救う中で忘れていた大切なものを取り戻していく過程を描いたストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

人生の約束のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

IT関連企業のCEO(最高経営責任者)となった中原祐馬(竹野内豊)は会社を大きくする事しか考えられなくなっていました。いつしか中原の周りには、中原の機嫌を取る人しか居なくなり、中原に意見を言えるのは若い社員の沢井卓也だけになっていました。
イケイケの中原に何度も航平から電話がありましたが、忙しく無視していました。かつては一緒に会社を立ち上げた友人であったものの、今では疎遠になっていたのです。しかし秘書の大場由希子にも航平から電話があり、大場に言われて航平の故郷である富山県新湊に向かいます。
しかし中原が行くとすでに航平は亡くなっていました。仏壇に手を合わせていると、町内会長が航平は肝臓癌だったことと最期に故郷の曳山祭で曳山を引きたがっていたことを中原に教えます。
航平の義兄の曳山総代である渡辺哲也は中原に謝罪しろと言います。中原は航平の病気の事は知らなかったと言って拒否しました。
中原は航平の妻などから航平の話や四十物町の現在の話を聞きました。
四十物町では財政難が起こっており、隣の西町に曳山を譲渡している状態でした。その時に今回の祭りで最後に四十物町が曳山を引く約束をしていましたが反故にされてしまい、文字通り航平は命を懸けて抗議していました。それを聞いた中原は西町の町内会長の武田に意見しにいくも聞いてもらえず、金で回収しようとしたものの失敗に終わってしまいます。その頃、東京では中原が航平の作ったIT関連の会社が危機を迎えていました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

中原の会社は不正取引と粉飾決算が芋づる式に見つかってしまい、東京地検特捜部が捜査に来る段階でした。
中原は沢井にすべてを任せて、中原はネットの力を借りて匿名で四十物町にもう一度曳山を引かせてほしいと書き込みます。書いたのは中原ですが、想いは航平の想いです。やがて熱い思いは世間中に広がって行き、中原の見方をしだします。そうして四十物町と西町は和解し、四十物町が曳山を引けることになりました。
東京では中原はCEOを解任させられてしまい、中原は取り調べを受けます。取り調べの進む中、刑事の計らいにより航平の形見の法被を着て曳山祭に参加できることになりました。航平の妻はそれを見て涙します。
そして中原はまた来る!といって警察車両に乗り込むのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました