アキレスと亀/あらすじとネタバレと感想

アキレスと亀2008年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

アキレスと亀の概要

制作:2008年 日本
監督:北野武
出演:ビートたけし、樋口可南子、柳憂怜、麻生久美子、中尾彬、大杉漣、伊武雅刀、風祭ゆき、他

スポンサーリンク

アキレスと亀の見どころ

北野武監督の14作目の長編映画。主演はビートたけし。
小さいころから絵の魅力に取りつかれた少年が、夢をあきらめきれずに破滅に向かって突き進んでいくというストーリー。

スポンサーリンク

アキレスと亀のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

養蚕で儲けた群馬の資産家、倉持利助の息子である真知寿(まちす)。
幼いころから絵を描くことが好きで、裕福な家に育ったため、家に訪れた画家からも褒められてベレー帽をもらいました。
小学校の授業中であろうが、街中であろうが所かまわず絵を描いていた真知寿は、ある日突然利助の事業が失敗してしまい倒産、利助は首を吊って死んでしまいます。そして貧しい農家である叔父の倉持富輔に預けられますが、その後真知寿の母も自殺してしまいます。のんびりと絵を描いていればよかった日々から一転して、成人するとすぐに追いだされてしまいます。
青年になった真知寿は今だに絵をあきらめきれず、東京で新聞配達や工場勤務、印刷業務などを転々としながら美術学校に通い絵をかきつづけています。同じような仲間と命を懸けた創作活動をしながら絵に打ち込むものの、真知寿の絵は評価されませんでした。しかし工場で知り合った幸子だけは真知寿の絵を認めてくれていました。やがて真知寿は幸子と結婚し、娘のマリが生まれます。
・・・数十年経っても真知寿はまだ絵を描いていました。プライドが高く、妻と共に創作活動している姿を娘のマリは理解できませんでした。画商に見せるものの評価は相変わらず酷評です。
ある日、お金の無くなった真知寿はマリを風俗に売り、そのお金で絵を描く道具を買いました。
才能が無いことを理解したくない真知寿は次第に暴走し始めます。商店街のシャッターに勝手に絵を描いてしまうなどの奇行が始まりました。
当然警察沙汰にもなりますが、真知寿の暴走は止まりませんでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

風俗店に売った娘のマリがある日突然急死し、真知寿に連絡が来ました。
しかし真知寿は、マリの死体に化粧をしたり顔拓を取ったりと死体を乱暴に扱い、己の芸術の一部にしようとします。その姿を見た幸子はやっと目が覚めて、真知寿の元を去りました。
一人になった真知寿はそのまま絵を描き続けますが、ある日自殺します。が、失敗に終わります。
そして燃え盛る小屋の中で絵を描き続け、自分自身も大やけどしてしまいます。どうにか生き延びたものの、働くことのできない真知寿は空き缶を売って暮らす毎日です。すると笑顔の幸子が現れて、二人はまた一緒に暮らしだすのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2008年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました