ハラがコレなんで/あらすじとネタバレと感想

ハラがコレなんで2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ハラがコレなんでの概要

制作:2011年 日本
監督:石井裕也
出演:仲里依紗、中村蒼、石橋凌、稲川実代子、並樹史朗、他

スポンサーリンク

ハラがコレなんでの見どころ

石井裕也監督。主演は仲里依紗。
妊娠9カ月の妊婦がシングルマザーになり、妊婦なのに周りのみんなを元気にしていく痛快ストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

ハラがコレなんでのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

原光子(仲里依紗)は妊娠9カ月に入った時、パチンコ屋を経営している両親にはアメリカに居るとウソをついて日本でダラダラしていました。
おなかの子供の父親には捨てられて、アパートで一人暮らしをしていたのでした。
光子は竹を割ったような性格で、そのままアパートも引き払い光子は昼寝すれば大丈夫と公園で昼寝していると、リストラされた男に出会い、小銭を恵んで風の向きが変わると光子は歩きだしました。そして幼少時代に両親と夜逃げして隠れて暮らしていた長屋にたどり着きました。長屋の大家である高齢な清からタクシー代を借り、さびれた定食屋に入ります。おいしいけれど客が居ないその定食屋は子供のころにプロポーズされた児玉陽一と叔父の店でした。
光子は子供のころ、バブルがはじけた15年前に夜逃げしてこの長屋に引っ越してきました。
その時ですらすでにその長屋は古くて、戦中の不発弾が床下から出てくるような場所でした。大家の清は金がねえ人間に残されてるのは、人情と意地だけだからな。といい、時代遅れの長屋の住民たちはケンカしながらも人情ある人々でした。未だにそんな感じで、光子のことも暖かく迎えてくれたのでした。
しかし住民は減り、大家の清もほとんど寝たきりです。それでも清の家に居候し、ここで出産することを決意します。陽一もおじも長屋の住人です。二人は店を閉めると、交代で清の介護をしていました。
光子は定食屋を手伝うようになり、次第に流行りだすようになりました。
そして定食屋に来る、落ちぶれたメンバーが次第に長屋に入居しだします。陽一のおじは喫茶店のママに15年前から片思いしいており、ママもずっとプロポーズを待っていたのですがある日、ママが店を畳んで福島に帰ると言い出します。

ネタバレと結末

ママの実家に福島に行こうと陽一とおじと出かけます。途中で光子は陣痛が始まります。
その頃、長屋には経営不振でパチンコ屋を畳んだ両親が来ていました。そこに光子やママたちが帰ってきます。てんやわんやになりながら、光子はとりあえず昼寝しようといい、みんなもそれに従いました。
その時、東京大空襲時の不発弾が爆発します。寝たきりの清が立ち上がり、光子も立ち上がり、福島のママの実家に向かいます。ママの実家につくと、やっと陽一のおじはママにプロポーズします。返事を待っている時に目に飛び込んできたのは産気づいた光子。ママはプロポーズをOKし、光子は陽一に支えられてそのまま出産するのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2011年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました