ストロボ・エッジ/あらすじとネタバレと感想

ストロボ・エッジ 2015年の邦画

ストロボ・エッジの概要

制作:2015年 日本
監督:廣木隆一
出演:福士蒼汰、有村架純、山田裕貴、佐藤ありさ、入江甚儀、黒島結菜、小篠恵奈、松尾薫、他

ストロボ・エッジの見どころ

咲坂伊緒の人気漫画を廣木隆一監督が映画化。
女子高生の片思いが実っていく恋愛ストーリーである。
主演は福士蒼汰、有村架純。

ストロボ・エッジのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

木下仁菜子(有村架純)はこれまで特に誰かを好きになること無く、それでも楽しく生きています。
中学から一緒の大樹とも仲がよく、周りからはそのうち付き合うんじゃないかと思われていました。
仁菜子は流されてしまうのも恋なのかもしれないと悩んで居ました。
ある日、学校で一番人気の男子一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と電車で会い、絡むことが増えていきました。
しかし仁菜子は蓮と会うごとに、気持ちがガラッと変わってしまいます。この気持ちが恋なのだと気が付いてしまったのでした。同時に大樹とは恋愛感情ではないと気が付きました。
しかし大樹は仁菜子に恋愛感情があるのだったら、ちゃんと大樹の気持ちに向き合わないといけないとも思います。そして大樹に告白されて、仁菜子はちゃんと断るのでした。そして大樹の姉は蓮と付き合っているとも聞かされてしまいました。
それでも気持ちを伝えたい仁菜子は蓮に告白します。断られますが仁菜子は友達で居たいといいました。
仁菜子は蓮の友達に告白されたりしますが、断ります。ずっと蓮の事が好きな気持ちがかわらないのでした。
連もそんな仁菜子の事を見ながら、自分の気持ちが変化していっていることに気が付いてしまいます。
連は麻由香(大樹の姉)が離婚などの辛い経験をして来たときの支えとなっていたこともあり、麻由香と別れるのは気が引けていましたが、麻由香はそんな連を察して別れを告げるのでした。

ネタバレと結末

仁菜子は蓮に「俺と付き合ってほしい」と突然言われます。心の整理がついていない仁菜子はその場から逃げ出してしまうのでした。
連の友達が俺の事は気にするなと励ましに来たり、振った俺の事をかわいそうだと思うなら俺と付き合えとか言われて、ようやく仁菜子は蓮がいつも乗る電車に行こうとしました。
仁菜子は蓮の乗る電車に追いつこうとして走り出します。ホームに着いたと思ったけれど、仁菜子の目の前で電車は発車してしまいました。
しかしその電車に蓮は乗っておらず、振り返ると蓮が居たのでした。仁菜子は蓮に駆け寄り涙ながらに自分の気もちを伝えていきました。
本当は蓮としたかったことなどをひとつひとつ伝えていくのでした。連もまた言葉無くても手をつないで歩きたいと仁菜子に言うのでした。二人の気持ちを確認し合い、二人はホームで抱きしめ合いました。

ストロボ・エッジのみんなの感想

ネタバレなし

原作を知っていたので少し期待していましたが、感想としては「うーん」といった内容でした。少女漫画によくある三角関係ものなのですが、それぞれのキャラと配役に違和感があり全く感情移入出来ませんでした。旬の有村架純や福士蒼汰といった俳優を起用していますが、それが余計にキャラのイメージとのギャップを加速させてしまっています。ラストシーンはこれまたテンプレな終わり方なのですが、ほんの少しだけひねりがあって、そこは少し感心させられたのですが、それ以外はほとんど記憶に残らないという…有村架純も福士蒼汰も良い俳優さんなのは間違いないのですが、今回は完全にミスキャストに思えます。キャスティングをもう少し検討してみれば、マシになったのでは?と思います。(30代男性)
あぁ、初めて恋をした時って、こんな感じだったな。
映画を見ながら、ついつい初々しかった自分の過去を思い出していました。
誰かを好きになった時の、胸が締め付けれられる思いだったり、嫌われるのが怖かったり。
きっと、かつての自分もこんな風だったのだと思います。
仁菜子の、一途に蓮の事を思い続ける気持ちは、その時にしか感じる事の出来ない。
まさに、キラキラとした思い出なのだと、改めて思い出させてくれる映画でした。
好きだけど、好きなだけではどうする事も出来ないもどかしさを、この映画からは感じる事が出来ました。
きっと、大人の恋愛の一歩手前という、とても繊細な時を描いたものだと思うのです。(40代女性)
王道のピュアラブでキュンキュンできたのでよかったです。有村架純さんが女の子らしくて本当にキュートでした。青春時代の甘酸っぱい恋愛を思い出させてくれた映画です。キャストはイメージ通りでよかったのですが、原作のエピソードがあまり大切にされていなくて展開が早すぎた点がちょっと残念に思ってしまいました。原作を読んだことがない方は普通に楽しむことができる映画だと思います。(30代女性)
原作を読んでいた時から、蓮役は実写するなら福士蒼汰くんのイメージでした。映画は本当にピッタリでした。
ただ有村架純さんは少しイメージと違いましたが、これはこれで楽しめました。
キラキラした恋愛を描いていますが、もう少しストーリーの中で心理描写を丁寧に見せて欲しかったです。そうすることで印象的なシーンがさらに見てる側に共感できるものになったのではないかなと思いました。(30代女性)
少女漫画の映画化は、原作漫画ファンだよりだよなぁと思える作品が多く、深みがないものが多いのですが。この作品は、マシなような気がしました。原作未読でしたが、きっと色々話を端折っているんだろうなと思わせるところがあり、展開が早かったですが、それでもそこそこは楽しめました。頭を空っぽにして、中高生の気持ちで見れば十分面白いと思います。
この作品を見ていると、彼女持ちの男の子と、その男の子が好きな女の子という関係が、とてもよく思えます。日本だと、好きだとの告白の先は、付き合うか、無関係になることが多いですが。相手の気持ちを知り、知られながら、友人関係を築くというのはありだと思います。どっちつかずだとか優柔不断だとかの非難もわかりますが、人同士の関係が恋愛だけで成り立つわけではないし、恋愛が一番大事なわけでもないし、告白をきっかけに仲良くなるのはいいことです。その後、恋愛になるかどうかはまた別の話。
なので、高校生男女のそんな様子が微笑ましく、素敵だと思いました。実際には、狙ったような接触や、各局は最後には少女漫画らしく落ち着くまとまりなど、ファンタジーだよと苦笑してしまう気持ちの方が強いですけれど。
きゅんとするというものでなく、若い子たちのやりとりを見守る気持ちで見てみるのがいいと思う作品です。(30代女性)

ネタバレあり

有村架純はかわいいし、福士蒼汰はかっこいいしで、ザ、青春という感じで胸がきゅうんとしました。有村架純の福士蒼汰への思いがまっすぐでピュアで、こんなかわいい子にこんなに好かれたら、私が男子だったらコロッと好きになってしまうのにー、と思いました。登場人物はみんな個性があって良かったです。山田裕貴は有村架純のことが大好きなのに、彼女の福士蒼汰を思う気持ちを一番に考えて自分が身を引いていました。ああ、身を引いちゃうんだ、身を引けるところがカッコいいよ、と彼の魅力も満載でした。福士蒼汰もかっこよくて、自分のやることに筋を通そうと頑張っていたので有村架純と心が通じるのが遅くなってしまったけれど、その、一本きちんと通った筋のある性格もまたカッコよかったです。(40代女性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました