純喫茶磯辺/あらすじとネタバレと感想

純喫茶磯辺2008年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

純喫茶磯辺の概要

制作:2008年 日本
監督:吉田恵輔
出演:宮迫博之、仲里依紗、麻生久美子、他

スポンサーリンク

純喫茶磯辺の見どころ

吉田恵輔監督の2008年の映画。主演は宮迫博之、仲里依紗。
キャッチコピーは「喫茶店はじめたぐらいじゃ、人生変わらないと思ってた…。」
離婚した父と娘は遺産をもらい、喫茶店を二人ではじめ、そこにバイトとしてやってきた女性に鼻の下を伸ばす父を見て親子喧嘩を繰り広げながら成長していくというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

純喫茶磯辺のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

水道工の磯部裕次郎(宮迫博之)は8年前に妻に逃げられてからというもの、高校生の娘咲子(仲里依紗)と二人で暮らしていました。ある日、裕次郎の父親が亡くなり、遺産として大金を譲り受けます。
裕次郎は仕事も辞めてダラダラと過ごしていたのですが、することがなくヒマだったのも手伝い喫茶店を開くことにしました。理由は若い女の子と仕事をしながら話せる楽で楽しい仕事だと思い込んだからでした。
咲子が止めるのも聞かずに、時間のたっぷりある裕次郎は食品衛生責任者の資格を取り、「純喫茶磯辺」を開店させるのでした。ある意味時間の止まった裕次郎は店に豹柄やミラーボール、テーブルゲーム機などを置きますが誰もお客さんが来ませんでした。咲子は夏休みの間だけ、磯部を手伝う事にしました。
ある日、磯部にバイトをしたいという素子がやってきます。裕次郎は女子力の高い素子を即採用し、ぴっちりむっちりな制服を渡します。すると男性の客が増え、その中のひとり小説家の安田に咲子は恋心を抱きます。
裕次郎は安田の事を快く思わず、咲子はまた素子のことを良く思っていませんでした。
ある日の事、安田にうまいこと言われて家に行った咲子は隠しカメラを見つけて怖くなり逃げ出します。
咲子は元母に会いに行き、一緒に暮らしたいと言いますが突き放されて、素子と裕次郎が飲んでいる居酒屋に向かいます。
裕次郎が元子にポロポーズしようとしていたのを知り、こっそり素子に裕次郎に関わらないでくれと言いました。

ネタバレと結末

空気が悪くなってしまった時に裕次郎がトイレから帰ってきて、素子が空気も読まず喫茶店の常連とセックスしたことをいきなり暴露します。裕次郎は消沈してしまいました。
次の日、素子がセックスした常連が来たのを見た裕次郎は殴りかかりケンカになってしまいました。
素子はバイトを辞めることになりました。咲子は素子が意外にも真面目だったことを思いだして追いかけます。裕次郎も追いかけますが素子は見つかりませんでした。
一年経って、パチンコ屋から出てきた素子と咲子は再会しました。あの時、実家に帰るはずだったが手違いで帰れなくなり、その時に対応したJR職員とセックスして結婚して子供を妊娠していました。
素子に喫茶磯部の事を聞かれた咲子は濁しますが、店はとっくに閉めており跡地の前で泣いている咲子をまた裕次郎が茶化して映画は終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2008年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました