岸辺の旅/あらすじとネタバレと感想

岸辺の旅2015年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

岸辺の旅の概要

制作:2015年 日本
監督:黒沢清
出演:深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫薫、他

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

岸辺の旅の見どころ

湯本香樹実の小説を黒沢清監督が映画化。
突然いなくなった夫の帰りを待ち続けたピアノ講師である妻の元に夫が幽霊として戻ってきて、一緒に思い出の地を巡る旅に出るというストーリー。
主演は浅野忠信、深津絵里。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

岸辺の旅のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ピアノ教師の瑞希(深津絵里)は夫である優介(浅野忠信)が失踪してからというもの、ピアノ教師を細々と続けていくことでだけ世間との接触を図っていました。失踪してから三年が経ったある日の事、瑞希が白玉を作っていると突然優介がどこからともなく現れます。三年前から全く変わっていない優介でしたが衝撃的なことを言います。優介は海で死んでしまっていて、体はすでにカニに食べられて無くなっているというのでした。
優介は歩いて家まで帰ってきたと言います。瑞希は混乱してしまいますが、翌朝優介にここまで来た道を逆にたどって行ってみようと誘います。その旅の目的は夫が戻ってきますようにと瑞希が願掛けした写経の束を燃やすことでした。心がついていかないまま、写経をバッグに入れて旅に出ます。
初めに行ったのは優介が以前働いていた小さな新聞屋の島影で、二人で島影を手伝います。ある日、優介は瑞希に島影は死んでいるものの、自覚がなく未だに仕事をしていると言いました。
二人が出て行く日、島影は宴会をしてくれました。そして行かなければならない場所があると言い眠りにつきました。すると島影が消え、新聞屋も廃墟となってしまうのでした。
次は夫婦が営む中華料理屋でした。優介の職業は歯科医でしたが手先の器用さをアピールして餃子を包みます。そこでピアノを見つけた瑞希が亡くなった妹の事を聞かされます。瑞希がピアノのレッスンをしてあげると妹は消えて二人も出て行くことにします。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

ネタバレと結末

瑞希は優介に生前の不倫を責め立てました。優介は朋子と不倫しており、瑞希は悪びれない様子にしびれを切らして朋子の職場に乗り込みますが、意気消沈して帰ってきます。そして優介と最後まで旅する決意をします。
山奥の山村に向かって最後の知り合いに会いに行きます。優介は私塾を開いており、宇宙の話などを聞かせていたのでした。星谷は2年前に息子のタカシを亡くしており、タカシの妻だった薫も行方不明になったものの、半年前に薫は優介に連れられて帰ってきたのだと星谷は言いました。優介が言うには薫はちゃんと生きていて、死んだのはタカシでタカシに未練があり連れまわしているのだと言います。タカシは優介が納得させて消えていきました。瑞希は優介が居なくなることを想像してしまいます。瑞希は幼い頃に亡くなった父と再会し、父に私は大丈夫だと言います。旅が終わりに近づくたびに優介の体は薄くなり、目的地にたどり着きます。優介は瑞希に謝り、消えていきました。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました