クロユリ団地/あらすじとネタバレと感想

クロユリ団地2013年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

クロユリ団地の概要

制作:2013年 日本
監督:中田秀夫
出演:前田敦子、成宮寛貴、勝村政信、西田尚美、田中奏生、他

スポンサーリンク

クロユリ団地の見どころ

「リング」「仄暗い水の底から」の中田秀夫監督のホラー映画。
主演は前田敦子。
主人公は老朽化した団地に引っこしたが、その団地は13年前から謎の死が続いているらしい。不気味な音に悩まされていて、ある日亡くなった老人の部屋に遺品整理に来ていた人と協力して、老人が言いたかったことを解明していくというストーリー。
キャッチコピーは「誰か、僕と遊んで。」「誰から死ぬ?」。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

クロユリ団地のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

二宮明日香(前田敦子)は家族でクロユリ団地に引っ越ししてきます。
父と母、小学生になる弟のミノルと介護士の勉強中の明日香です。引っ越しのあいさつに回るが、しばらくしてからチェーンのかかったドアがこぶし一つ分だけが一瞬開いただけでした。
明日香は近くを散歩していると公園でミノルという弟と同い年の子と出会います。明日香と話すうちに、明日香の隣の家は血の繋がりはないがお祖父さん。だと言いました。
翌朝、五時半から隣の家の目覚まし時計が爆音でなり始めます。目覚まし時計だけではなく何かわからない音もしますが、明日香にだけしか聞こえず、家族は聞こえていない様子でした。
介護の学校で、クロユリ団地の奇妙な噂を聞き、奇妙な音と共に怯える明日香。学生と言えども、介護の仕事を目指している明日香は隣のおじいさんが気になりだします。ある日、明日香が隣の家に行くと、おじいさんは亡くなっていました。おじいさんは苦しんだようで、明日香の部屋側の壁を無数にひっかいていたのでした。
次の日、遺品収集業者が来ており、明日香は業者のひとりである笹原と話をしますが、笹原はおじいさんの部屋には絶対に近づかないこと。と忠告してきました。何が何だかわからないまま時間が進んでいく明日香は、思い切ってミノルを家に呼ぶことにしました。ミノルが家に入ると突然家の壁にひびが入りだします。

ネタバレと結末

しかし時間が経つとひびは元通りになり、家族にも信用してもらえません。
明日香は怖い夢を見ます。おじいさんが壁をひっかいた後、お前も死ぬ。と言った夢でした。明日香は学校の補助の練習中に同じ幻想が聞こえてしまい、急いで家に帰ります。しかし家に誰もおらず、パニックになりました。笹原に電話するが、笹原は隣のおじいさんの家に入ってしまいます。
そこで思い出したのは十数年前に家族は事故で亡くなり、親戚の家で過ごした明日香は今年から一人暮らしをしようとクロユリ団地に引っ越ししてきたこと。笹原は霊媒師を呼び、13年前のミノルの事件をいい忠告します。ミノルを家に入れてはいけないという事でした。しかし明日香は引きづられるようにミノルを家に入れてしまいます。ミノルはかくれんぼで焼却炉に入ったまま焼かれてしまっていたのでした。そして本格的にお祓いしてもらう事になりました。笹原と明日香はミノルがやってきてもドアを開けずにいましたが、笹原が開けてしまいます。その瞬間笹原はミノルと一緒に焼却炉に入っており火をつけられます。そして居なくなってしまいました。明日香は笹原も失い再び引きこもってしまいます。ミノルの霊は今日もさまよっているのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

  1. おおもり男性30代 より:

    ちょっとホラー演出が強すぎるかな

    じわじわと徐々に忍び寄ってくるようなホラーを期待していましたが、今作は全体的にホラー演出がかなり強い印象でした。ホラー感をちりばめすぎて全体的に怖さが半減してしまったように見えるのが残念です。主演の前田敦子さんは緊迫感のある演技で個人的には良かったと思います。ストーリーは二転三転としていくので、途中まではどうなるのかと引き込まれましたが、最後も演出のせいでいまいちな印象でしたね。

  2. NM女性40代 より:

    少し残念。

    途中までは素直にホラー作品として面白かったです。
    ですが、最後の最後が本当に良くなかったです。
    古今東西、古くから怪談系の物語に良くある、化け物、怪異を祓いの時の約束事の『決して扉を開いてはいけない』という物をあっさり破ってしまう。
    それも、怪異から主人公少女を救おうとする彼氏自身がだ。
    余りにも軽率すぎて怖さが無くなってしまった。

2013年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました