東京ゾンビ/あらすじとネタバレと感想

東京ゾンビ2005年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

東京ゾンビの概要

制作:2005年 日本
監督:佐藤佐吉
出演:浅野忠信、哀川翔、他

スポンサーリンク

東京ゾンビの見どころ

花くまゆうさくの漫画を佐藤佐吉監督が映画化。
ゾンビをテーマとしたストーリー。主演は浅野忠信。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

東京ゾンビのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

江戸川区の消火器工場の近くにある黒富士と呼ばれるゴミ捨て場には、ゴミ以外にも人間も捨てられるようになっていました。
消火器工場に勤めるミツオはフジオに柔術を教えていました。作業に支障をきたすようになり、本社の藤本が注意しにきます。藤本がきつく注意していると、フジオが藤本を殺害してしまいます。
藤本を黒富士に捨てることにしました。黒富士ではいろんな人がいろんなごみを捨てに来ていました。
夫の母親を捨てている夫婦もいました。藤本を捨てて、ふたりは中学校の担任のゲイ先生が生徒を捨てているのを見かけて昔の恨みを晴らすためにフジオが殴りかかります。ゲイ先生は倒れた拍子にゲイ雑誌を見つけて見入ります。そんな姿を見ていた二人でしたが、やがて土の中からゾンビが出てきて、やがては大量のゾンビが出てきて夫の母親を殺した夫婦を襲いはじめます。そして藤本もゾンビ化してしまい、次から次へとやってくるゾンビを見て二人は逃げ出します。夜になると黒富士から降りてきているゾンビをテレビでは、黒富士に捨てられた化学薬品廃棄物が原因ではないかと話していました。ゾンビに噛まれてしまうとゾンビになるので、注意するように。そしてゾンビを倒すのは首をちょん切る事だと言っていました。
トラックに乗り込み、北を目指すものの間違えて南を目指してしまい気が付くと熱海に居ました。
そしてガンに侵されていると思い込んでいるミツオは死ぬ前にロシアで柔術の最高峰を目指したかったと言いました。語りながら進んでいると、途中でゾンビに襲われていた女性を見つけて助けたものの、ミツオはゾンビに噛まれてしまいます。ゾンビになるのも時間の問題であり、ミツオとフジオは離れて行動するようになります。

ネタバレと結末

そして五年後、東京は壊滅し、裕福層とゾンビ層(貧困)に分かれていました。
フジオは人間対ゾンビの格闘戦士となっており、ミツオが助けた女性と結婚したフジオには子供もいましたが貧困でした。裕福層が開催する奴隷がゾンビを倒すファイトクラブで商品稼ぎをしているのでした。
そしてそこで五年ぶりにミツオと再会します。
ミツオは伝説の男として紹介されていました。ミツオはフジオに感動して抱き着きますが、ミツオはフジオがわかりませんでした。やがてフジオとミツオは戦う時が来ます。戦いの中でフジオがミツオに噛みついて、ミツオは人間の心を取り戻します。フジオはミツオを殴りだし、ミツオはフジオに最後の別れを告げ死んでいきます。そしてフジオは家族を乗せて、ロシアに向かいます。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2005年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました