黄金を抱いて翔べ/あらすじとネタバレと感想

黄金を抱いて翔べ2012年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

黄金を抱いて翔べの概要

制作:2012年 日本
監督:井筒和幸
出演:妻夫木聡、浅野忠信、桐谷健太、溝端淳平、他

スポンサーリンク

黄金を抱いて翔べの見どころ

高村薫の小説を井筒和幸監督が映画化。主演は妻夫木聡。
メガバンクの地下には、240億の金塊があると知った六人は金塊強奪計画し強行するというストーリー。
キャッチコピーは「札束より欲しいもの、おまえにはあるか?」

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

黄金を抱いて翔べのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

大学の同級生である北川に連れられて、幸田(妻夫木聡)は大阪に帰ってきました。幸田の住居や働き口を世話しながら北川はある計画を幸田に持ちかけました。地下3階に240億円相当の金塊を強奪する計画でした。
幸田も初めから信じ切っていたわけではありませんが、作戦次第では行けるのではないかと思い始めます。そのためにはまず計画に必要な人材です。二人は探し始めます。
北川の家に行くと野田という会社員と北川の妻と子供が居ました。北川は計画を話し始めます。野田はセキュリティシステムに強く、警報機を切る事ができます。そしてじいちゃんというエレベーターの作業員、幸田の知り合いの爆発魔モモの名前が上がります。全員で計画を相談しだし、着実に計画は進行していきました。
しかしそんな時に北川の弟春樹に計画がばれてしまいます。
ギャンブル依存であり、リストカット癖のある春樹を違法の賭博屋に迎えに行くと、賭博場含め裏社会を仕切るキングに春樹と幸田は絡まれますが北川が助けて、逃げ切って帰ります。そして春樹も仲間に入ります。
そして朝鮮人のモモは元北朝鮮のスパイの過去があり、今でも追われていました。その上に自分の兄も殺したので指名手配されていました。幸田がモモを反対するも、モモも一時は計画に反対するものの、モモは人に誘われるのが初めてだと思いなおし、計画に参加します。
そして六人は計画を立てていくのでした。しかし春樹の賭博屋で見かけた左派の山岸が計画をかぎつけ、六人を調べ始めます。

ネタバレと結末

再度、キングらに絡まれた春樹と幸田を助けに北川が来て助けるものの、今度はキングが北川の妻と子供を轢き殺してしまいます。
春樹が怒り狂い、一人でキングに復讐に行き、キングを殺すも自分もまた重傷を負いました。これによって入院してしまうのでした。
金塊の強奪実行日の前日、幸田がモモの部屋に行くと末永と殺し屋が襲撃してきました。二人とも撃たれてしまい、モルヒネを打って耐えるもののモモは死んでしまいます。
計画は野田とじいちゃん、北川、幸田の4人で実行されることになり、無事に金塊を盗むことができませんでした。じいちゃんを探しに行くと首を吊って死んでいました。じいちゃんは実は幸田の父なのでした。幸田は金塊を下に落とし、自分もロープで降りようとしましたが転落死してしまいます。北川は幸田を川に沈めて終わります。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2012年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました