天使の卵/あらすじとネタバレと感想

天使の卵2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

天使の卵の概要

制作:2006年 日本
監督:冨樫森
出演:市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ、戸田恵子、他

スポンサーリンク

天使の卵の見どころ

村山由佳の小説を冨樫森監督が映画化。
予備校生が進路に悩んでいた時に偶然電車で出会った女性に惹かれていくが、実は惹かれている女性は自分の彼女の姉だったというストーリー。
主演は市原隼人、小西真奈美、沢尻エリカ。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

天使の卵のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

学校の教師をする夏姫と土木作業のバイトをする歩太は、以前の同級生であり以前の恋人同士でした。
そんな歩太に夏姫は再び絵を描くことを進めますが歩太は相手にもしませんでした。
さかのぼること四年前、高校を卒業し歩太は浪人中で美大を目指して絵を描いていました。夏姫という彼女が居て勉強をしながら付き合っていました。ある日歩太の母がしている居酒屋に二人でいき、母にも歓迎され楽しい時間を過ごしていると、そこに渋沢という中年の男性が入ってきました。母の恋人です。
歩太の父親は絵描きをしていましたが、精神的に弱ってしまい入院を繰り返していました。そんな時に母は渋沢と知り合ったのでした。
歩太はある日、父の入院する病院に行った帰りに満員電車である女性にひとめぼれしてしまいます。
歩太は彼女の顔をデッサンしまくります。そして書けば書くほど、彼女の事が気になりだしたのでした。当然夏姫のことは放置気味になりました。
ある日父の病院に行っていると、憧れの女性と再会します。五堂春姫といい、父の新しい主治医だったのでした。話しているうちに、春姫の8歳年下の妹が夏姫だとわかります。歩太はある日春姫の家に呼ばれます。春姫は画家の五堂と結婚していたものの、五堂は自殺して今は一人だということ。父はそろそろ退院すること。夏姫が最近歩太がおかしいというとこを話しました。歩太は正直に春姫が気になっていることを言いますが、春姫はもう恋はしないと言い切ります。

ネタバレと結末

そして夏姫にも好きな人ができたと言い、父が退院してきました。父は退院したその日の夜に飛び降り自殺をしてしまいます。春姫は責任を感じてしまいいなくなってしまいました。
それでも春姫に会いたい歩太は無神経にも夏姫に行き場所を聞き、静養しているお寺を教えてもらい行くと歩太は通いつめ、いつしか二人は愛し合うようになります。春姫は歩太に天使の卵をし、美大に合格したらまた来ることを告げます。春になり歩太は美大に合格し春姫と一緒に住むようになります。夏姫は怒りますが、春姫と歩太は幸せに暮らします。しかしある日、春姫は倒れます。鎮痛剤によるアレルギーの悪化でした。しかもおなかには赤ちゃんが居ました。夏姫は歩太を探しますが電話にも出ません。そのうちに春姫は死んでしまいました。その時に春姫は、クリスマスに送った作り物の卵を持っていました。
そして時間が経ち現在、その卵を再び目にした歩太は絵を描くことにします。そして夏姫との関係も進歩していくのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2006年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました