オトシモノ/あらすじとネタバレと感想

オトシモノ2006年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

オトシモノの概要

制作:2006年 日本
監督:古澤健
出演:沢尻エリカ、若槻千夏、小栗旬、杉本彩、板尾創路、浅田美代子、他

スポンサーリンク

オトシモノの見どころ

2006年に公開されたホラー映画オトシモノを古澤健監督が映画化。主演は沢尻エリカ。
キャッチ・コピーは「拾ってはいけない。」
駅で拾った落とし物を拾った人から不幸が降り注いでくるというストーリー。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

オトシモノのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校生の奈々は、妹と電車に乗って母の入院している病院まで通うのが日課でした。
ある日妹の同級生の少年に会い、定期を拾ったから自分はもうすぐ死ぬと言っていました。その後本当にその少年は行方不明になります。
同時期に、奈々の友達香苗も彼氏からもらったというブレスレットをしていましたが、彼氏は買ったものといいつつ実は駅で拾ったものでした。香苗と奈々は学級委員長をしていました。
奈々の妹が駅で定期を拾ったというので嫌な気はしていたものの、妹が自分で届けるというのでそのままにしておきました。
電車では電車を運転する九我がいました。久我は運転中線路に女性が倒れているのを見て運転を停止させてしまいます。何度か続いたので、久我は内勤に回されていたのでした。そして落とし物係になりました。
そこに定期を届けた奈々の妹が来て、定期を久我に届けます。妹は行方不明の同級生を発見し、そのまま行方不明になってしまいました。
香苗は同級生からブレスレットは落とし物であることを知らされて、外そうとしますが外れませんでした。彼氏に会うなり、彼氏に襲い掛かられて彼氏はそのままホームに落ちて電車に牽かれてしまいます。その瞬間に八重子に気を付けろと叫んでいました。
妹を探しに奈々は行方不明の同級生の家に行き、ベランダに同級生の幽霊が居ることに気が付きました。そのまま逃げだして警察に行くも相手にされません。そしてただの家出だという警察に不信感しかありません。

ネタバレと結末

香苗はブレスレットがめり込んできて手の色が変わっています。同級生からは香苗が突き落としたと責められます。奈々は青沼八重子が関係していると思います。香苗はその頃黒い服を着た女に接触します。久我と奈々は八重子を調べていくうちに八重子に子供が居ることがわかります。久我と奈々は問題のあると言われるトンネルに入ることにします。一方奈々は黒い服の女とトンネルに入ります。香苗は黒い女に奈々を託した後、電車に牽き殺されてしまいます。そのあとを八重子が這って付いて行きます。奈々が進むと妹を見つけました。妹は今までの犠牲者の山の上に寝ていました。妹を助けようとしている奈々の後ろを八重子が追います。黒い服の女が八重子を電柱に突き刺しました。黒い服の女もまた電柱に突き刺さっていました。黒い服の女は八重子の子供でした。奈々と妹は逃げ、母の病院に行くとテレビではトンネルの爆破事故を流しており、犯人は久我でした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2006年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました