僕は妹に恋をする/あらすじとネタバレと感想

僕は妹に恋をする2007年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

僕は妹に恋をするの概要

制作:2007年 日本
監督:安藤尋
出演:松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏、浅野ゆう子、他

スポンサーリンク

僕は妹に恋をするの見どころ

青木琴美の漫画を安藤尋監督が映画化。
主演は榮倉奈々、松本潤。
双子の兄妹の兄が妹に恋をして、この恋を守るために皆とトラブルを巻き込みながらも妹を好きな気持ちが抑えられない青年の話。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

僕は妹に恋をするのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校三年生の双子の兄妹である頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)はとても仲のいい兄妹だったのですが、頼は郁に細菌冷たくあたります。心当たりのない郁はさみしくもありますが、距離を取るようになっていました。
そして自分の恋愛についても頼に相談していましたがあまり真面目に聞いてくれないような気がしています。
そのころ頼は郁への気持ちが止められなくて悩んでいました。今までは何をするにも二人一緒でしたがいつの間にか何でもできる頼と、何もできない郁になっていました。
ある日の夜、二段ベットで寝ていた頼は下段の郁のベッドに行き、告白しキスをします。
郁もとまどいながらも頼を受け入れてしまいました。郁もまた自分にとってどれだけ頼が大切なのかを感じて行きます。
はじめに兄妹の雰囲気が違ったことに気が付いたのは母親でした。次に同級生の友華にばれてしまい、頼は黙っている代わりに友華と付き合えと言われてしまいます。そして兄妹で付き合うのはおかしいことだとも言われてしまうのでした。頼は二人のために友華と付き合うフリをしだします。頼にとって他の誰かと付き合う事も苦痛ですし、郁も見るたびに辛くなってしまいます。
当然頼は、友華と付き合っていても考えるのは郁の事ばかりでした。
母親の目を欺くために、頼は県外の高校に進学しますが友華もついてきました。郁は頼に会うために交通費を稼ぐためにバイトを始めます。そんなけなげな郁の事を見ていた頼の親友矢野立芳が郁の思いを言葉にし、郁は頼への気持ちが抑えられなくなってしまいます。

ネタバレと結末

ある日のこと、矢野がふとしたことで双子の兄妹じゃないかもしれないと言い出しますが、そんなはずはないと頼も郁も否定します。
二人は夜の公園でお互いの愛を確かめます。そして翌朝、思い出のクローバーの場所に電車で行ってみますが思い出の場所はすでに無くなっていました。そして二人は現実を突きつけられ、この恋は終わらせなければいけない恋だと知ります。もう元には戻れないと感じた二人は別々の道を歩むことにしたのでした。
二人は実は母の浮気により、24時間以内に他の男性を受け入れた母の胎内で別々の胎児ができあがり異父兄弟として双子で産まれたのでした。頼は家を出て郁も自分の道を進み、10年後偶然ヨーロッパで再会します。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2007年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました