わたしのハワイの歩きかた/あらすじとネタバレと感想

わたしのハワイの歩きかた2014年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

わたしのハワイの歩きかたの概要

制作:2014年 日本
監督:前田弘二
出演:榮倉奈々、高梨臨、瀬戸康史、加瀬亮、他

スポンサーリンク

わたしのハワイの歩きかたの見どころ

「わたしのハワイの歩きかた」は2014年、前田弘二監督が映画化。主演は榮倉奈々。
ハワイに行った事のないハワイのガイドブックを作る仕事の女性が、思い切ってハワイに行き生き生きと恋愛を楽しむというコメディ恋愛ストーリー。
ハワイロケで行われるこの映画は解放感たっぷりで見ているだけでもハワイに行った気分になれるお得な映画。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

スポンサーリンク

わたしのハワイの歩きかたのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

小山田みのり(榮倉奈々)は雑誌編集の仕事で日々忙殺されていました。
給料は安いし、仕事は忙しいしで日々圧し掛かるウンザリ具合にも地味にストレスを感じていました。そんなみのりをいやしてくれるのは後輩の田嶋でしたが、田嶋は出産間近の奥さんがいる既婚者です。ずるずると関係を続けているみのりですが、社内で田嶋の子供ができたことを祝っている時にどこにも居場所が感じられないのでした。
その頃みのりはハワイで結婚式をする友人の二次会の幹事を押し付けられていました。ハワイのガイドブックを作成すると会社に言い、みのりはハワイに行きます。
みのりはパーティーで茜という女の子と知り合い仲良くなります。現地生活の長い茜はハワイで玉の輿に乗るという気持ちがあり、パーティーでは物色ばかりしていました。
取材と言い、みのりと茜はハワイのローカルをめぐりながらハワイをエンジョイしていきます。
みのりも新しい恋愛をしようとしますが、日本には不倫相手の田嶋が居ます。その事を打ち明けた財閥の御曹司の阿部とみのりは付き合うようになりました。しかし不器用な男である鎌田の方が価値感が合うことに気が付いて鎌田に戻ります。
茜はずっと自分の事を想ってくれている本間という男がいて、本間が茜のために金持ちの男を紹介して自分が身を引こうとしますが、結局は茜は本間の所に戻るのでした。

ネタバレと結末

友人の結婚式も終わり、結婚相手には息の合う人がいいと思うみのり。
同じころアメリカに行っていた鎌田を空港まで迎えに行きます。そして不倫相手の田嶋と別れたことを言い、結婚したいことを遠回しに鎌田に言います。鎌田はそんなみのりを優しく受け止めました。
そしてみのりがやっと日本の自分の会社に向けて原稿を発送します。そこにはハワイのローカル情報と写真、ハワイの人の暮らしとハワイの人柄の良さ、そしてハワイの暮らしの楽しさがぎっちり書かれており、最後にハワイの教会の写真には結婚式を挙げている幸せそうな笑顔のみのりと鎌田の姿が写っていました。二人はハワイで結婚したのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2014年の邦画
スポンサーリンク
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました