おすすめ動画配信サービス紹介はこちら

アントキノイノチ/あらすじとネタバレと感想

アントキノイノチ2011年の邦画
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

スポンサーリンク

アントキノイノチの概要

制作:2011年 日本
監督:瀬々敬久
出演:岡田将生、榮倉奈々、他

スポンサーリンク

アントキノイノチの見どころ

さだまさしの小説を瀬々敬久監督が映画化。主演は岡田将生、榮倉奈々。
キャッチコピーは、「それでも、遺されたのは未来。」
精神状態の不安定な青年、女性は遺品整理業者に勤め、命と向き合いながら過去のトラウマを乗り越えていくというストーリー。

アントキノイノチのあらすじとネタバレと結末

あらすじ

高校時代の友達関係で心が折れてしまった永島杏平(岡田将生)は、引きこもっていました。ある日父が杏平に、遺品整理の仕事を紹介します。そして杏平は遺品整理の会社クーパーズで働き始めます。
もともと杏平は軽い吃音を持っており、思ったように話せないことがありました。
しかしクーパーズには真面目で優しい先輩佐相や久保田ゆき(榮倉奈々)がおり、社長も杏平に親身になってくれました。
はじめに杏平が向かったのは孤独死の老人宅です。孤独死した後ひと月はそのままだったというその部屋は、体液で黒ずみ蛆が湧いていました。ドン引きしたものの佐相やゆきが黙って仕事をしていくので杏平も黙って仕事をしました。その仕事の時にゆきの手首にリストカットの後を見つけます。杏平はしだいにゆきの事が気になりはじめ、話をすると高校時代にレイプされ妊娠し流産したという話でした。それ以来男性恐怖症になったゆきは杏平に悩みを告白します。杏平には今でも自分だけを責めているように思えます。同時に杏平にも高校生の時に吃音からいじめにあい、かばってくれた親友がいじめにあい自殺してしまいました。いじめを黙認していた先生を含め、杏平はやりきれなさから高校を中退して精神科にかかっていたのでした。
ある日のこと、そんなクーパーズは母が二人の子供を餓死させたという現場に行きます。
いたたまれなくなったゆきは色々考えた後、クーパーズを辞めることを決意し「ちゃんと生きたい」と言って去って行きます。

ネタバレと結末

ゆきの事が気がかりな杏平は仕事をしながらゆきの行方を捜します。
ゆきは老人ホームで仕事をしており、杏平がゆきに会いに行きます。杏平はゆきに、あの時の命が繋がって自分はゆきに会えたと語ります。
しばらくして二人は海辺で再会します。二人はお互いが生きていたからこそ出会えたことを感謝します。
そして前を向いて生きていくことを決意します。ゆきはみんなに向けて言える言葉が見つかったと言って海に向かって「元気ですか!」と大きな声で叫びます。
杏平も仕事で感謝されて生きがいが見つかって行きます。がある日、ゆきが子供をかばって事故で亡くなってしまいます。今度は杏平がゆきの遺品整理をします。そこにゆきが助けた子供と母親が来ます。
杏平は子供に「元気ですか!」というのでした。

\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

無料トライアルを試してみる

この作品のみんなのレビュー (投稿された感想)

2011年の邦画
トレンドビデオ
タイトルとURLをコピーしました