暗殺教室〜卒業編〜(第2作)/あらすじとネタバレと感想

暗殺教室〜卒業編〜(第2作) 2016年の邦画

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)の概要

制作:2016年 日本
監督:羽住英一郎
出演:山田涼介、二宮和也、菅田将暉、山本舞香、橋本環奈、加藤清史郎、優希美青、竹富聖花、高嶋政伸、椎名桔平、上原実矩、知英、桐谷美玲、成宮寛貴、他

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)の見どころ

松井優征が書いた少年ジャンプの人気漫画暗殺教室を羽住英一郎監督が映画化。
卒業編は映画化二作目である。
主演は山田涼介。殺せんせーの声の担当は二宮和也。

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日の事、黄色いタコ型超生物が現れて1年後に地球を破壊するといいました。
世界中が黄色いタコを追いかけますが、マッハ20の速度で動くため捕まえることができませんでした。
しかし条件を出します。タコ型生物が出した条件とは椚ヶ丘中学3年E組の担任をやってみたいといいます。
日本はそれを許し、殺せんせーとして一年担任している間に誰かが殺せと言いました。
そして殺せば100億円くれるといいます。卒業まであと半年ですが殺せんせーは誰も殺せずにいました。
学園祭が終り、カエデが殺せんせーを殺そうとしました。カエデの首には殺せんせーと同じ触手がついています。カエデは殺せんせーをあと少しで殺せる所までいきましたが、頭痛がひどくなり中止しました。生徒たちは何か手掛かりが無いかと、殺せんせーに過去を聞きますが皆がそろってから話すといいました。カエデが帰ってきたまた殺せんせーと殺し合いが始まりますが、渚がイキナリカエデにキスをしました。カエデがびっくりすると殺せんせーがカエデの触手を取り、自分の過去を話し出します。
殺せんせーは「殺し屋」をしており「死神」と呼ばれていました。
そして捕まって人体実験され、触手ができました。研究をしていたのが柳沢誇太郎。そして婚約者である雪村あぐりに殺せんせーの監視を頼んでいたのですが、あぐりは殺せんせーと恋に落ちてしまうのです。
あぐりの妹はカエデでした・・・。失敗したと思った柳沢は殺せんせーを殺そうと思いますが殺せんせーは研究室を破壊して逃げ出してしまいます。あぐりは破壊した時に死んでしまいました。そこだけを切り取ってみたカエデは姉を殺したのは殺せんせーだと思うのでした。

ネタバレと結末

生徒たちは殺せんせーの過去を知りました。
どうにかして殺せんせーを救えないのかと思い悩みます。殺せんせーを助ける薬を研究しだします。もちろん暗殺も忘れてはいませんでした。もちろん、各国でも殺せんせーを殺す研究は進められており、ある日殺せんせー専用のレーザー装置を開発し、殺せんせーへ向けて発射しようとします。
生徒たちは軍隊をも突破し、殺せんせーに会いに行きます。殺せんせーは弱っており、生徒たちはせんせーが殺されてしまう位なら自分たちが殺そうと思い、渚が殺せんせーを殺してしまいます。渚は大人になり、殺せんせーと同じ教職に就くのでした。

暗殺教室〜卒業編〜(第2作)のみんなの感想

ネタバレなし

ネタバレあり

少年ジャンプで掲載された漫画の映画化、それも実写化です。この映画は「卒業編」でちょうど全2作の2作目に当たります。
私は2016年に彼女と見に行ったのですが、結論を先に伝えます。本当に泣ける映画です。
暗殺業室における根本的ルールは「殺せんせー」を殺せたら合格。そんな感じで物語は進捗して「殺してあげないと」という義務感に変わる出来事がおきます。
殺せんせーはもともと人間でした。政府の機関に改造されて、怪物にされました。その際の「殺せんせー」を改造した冷徹な博士が「殺せんせー」以上の形状で殺しにやってきます。
そして最後は殺せんせーが勝利しますが、殺せんせーへの義務感と「殺せんせー」ののぞみで殺せんせーを殺して終わります。
その意味のわからない関係が本当に泣けました。(30代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました