後妻業の女/あらすじとネタバレと感想

後妻業の女 2016年の邦画

後妻業の女の概要

制作:2016年 日本
監督:鶴橋康夫
出演:大竹しのぶ、豊川悦司、尾野真千子、笑福亭鶴瓶、津川雅彦、永瀬正敏、他

後妻業の女の見どころ

黒川博行の小説を鶴橋康夫監督が映画化。
妻に先立たれ、資産を持っている高齢者をターゲットにした後妻業の女と結婚相談所所長。父の遺産を取られた娘などがお金をめぐって争い始める物語である。

後妻業の女のあらすじとネタバレと結末

あらすじ

ある日船上で結婚相談所主催のパーティーがありました。
そこで自己紹介している武内小夜子(大竹しのぶ)の姿があります。おしとやかに熟年熟女を演じていますが、実は後妻業だったのでした。資産がある高齢者ばかりを狙い、遺産を奪っていく後妻業。
そこでは中瀬耕造(津川雅彦)が狙われていました。耕造は小夜子と結婚し、幸せな老後を過ごす予定でした。
が、結婚から二年後に耕造は脳梗塞を起こし入院してしまいます。耕造の次女である中瀬朋美が駆けつけてきました。そこで朋美が見たものは、父の世話もせずに葬式の話ばかりする小夜子の姿なのでした。
次女は怒りますが、耕造は亡くなってしまいます。悲しむ次女と長女西木尚子に小夜子は遺言公正証書を押し付けて遺産を全て奪ってしまいました。朋美はくやしさのあまり弁護士に相談すると、小夜子が後妻業だと判明したのでした。これまでに八人の男が結婚後に亡くなっています。その上結婚相談所の社長柏木亨も引っかかっています。
小夜子を調査するのに弁護士は本多芳則を雇います。元刑事で探偵をしている男でした。
本多が調べて来た調書によると、結婚相談所の社長がターゲットを小夜子に渡し、入籍させるか公正証書を書かせて病気を進行させるか事故に見せかけて死なせてしまう。そして遺産は小夜子と柏木社長で分けるという段取りでした。本多はまず柏木社長を強請りました。そして小夜子の息子博司を使って本多を始末させようとしてしまいます。が、失敗。ぼんくら息子の博司は暴走しいう事を聞かないのでした。
小夜子に金をせびりにいった博司は怒られたことに腹を立て、小夜子を殺してしまうのでした。

ネタバレと結末

二人の元に駆け付けた柏木社長は小夜子をスーツケースに入れて、証拠を隠滅しようとします。
が、車に乗せる時に警察に見つかってしまいます。ケースを開けろと言われますが開けれません。
博司は逃げ出してしまいますが、柏木社長は逃げれません。開けろと言われ続けた時、勝手にケースが開いて中からは元気な小夜子が出てきました。しかし柏木社長はあっけなく捕まります。
本多は結局柏木社長からお金が取れませんでした。
・・一方朋美は仏壇に線香を上げようとした時、父の遺言状を見つけ、娘二人は無事に父の遺産を手に入れるのでした。

後妻業の女のみんなの感想

ネタバレなし

「好きなことは、読書と夜空を見上げることです」と、結婚相談所主催のお見合パーティの席で自己紹介をはじめた大竹しのぶ演じる竹内小夜子。小夜子は金持ちの老人と結婚し、自然死したかのように見せかけ、遺産を相続する後妻業の女。結婚相談所所長、柏木を豊川悦司演じています。この2人、実は裏で手を組み、入籍後、配偶者を自然死に見せかけ殺害し、大金を手に入れることで生計を立てています。
上手に高齢者を騙す小夜子の計画は、うまくいくケースもあれば、同業者である結婚詐欺師演じる鶴瓶に騙されそうになったり、テンポが速く、演じる役者さんたちも上手であっという間の時間でした。
カマトトぶった少し頼りなさげな小夜子の表の顔と裏の顔の差が激しく、おっとりと世間知らずっぽい年をとっても少女のような雰囲気の口調に騙される高齢者は意外と多いのかも、と思いました。
結婚相談所所長である豊川悦司も、ゲスっぷりが見事で、さすが役者さん、と感じる作品でした。
後妻業という恐ろしい内容でしたが、ミスをしたり、思う通りに物事が進まず、小夜子と柏木のあわてぶりがコミカルで、苦笑いや大笑いしました。役者さんたちの演技力に引き込まれ、また観たいと思わせる作品でした。(40代女性)
大竹しのぶと豊川悦司の怪演を見ることができます。
お話自体は実際に起こった事件を元に撮られているようです。
後妻業とはお金持ちの老人の遺産目当てで結婚して、事故や、拍子に追いやったり、本当に殺してしまったりして保険金を得ることを生業としている輩たちのことを言いますが、本当に怖いなと感じました。また作品全体に流れている関西(特に大阪)感が心地よいです。出ている役者も関西出身者の人が多く、そこもリアリティが感じられてグッドでした。(30代女性)

ネタバレあり

後妻業の女は、小説の感じも気に入っていたので、楽しみにしてみました。後妻業にスポットライトを当てた作品はあまりなかったので、そのあたりのどろどろとした雰囲気は良かったですし、「こんな女もいるんだな」と参考になったり勉強になったりしました。しかし、中盤からラストにかけてがやや尻すぼみで、少々物足りなかったです。なんかはっきりしない感じで終わってしまいますので、残念でした。(30代女性)
大竹しのぶさん、魔性の女そのものでした。天真爛漫さと狂気を同じ体に同居させる位ならやれる奴は多いだろう、けど暖かさと冷酷さもそれに加えるのは至難の業でしょう。
実生活でもあんな感じじゃないかなと思わせるのは、彼女の女優としての凄味なんだろう。
私だってあんなイイ女に仕掛けられたらコロッと行っちゃう(逝っちゃうかな)だろう。勿論資産家じゃないからそんな事もないだろうけど。
観た後の後味が悪くなかったのは、彼女と鶴瓶のだまし合いに彼女が負け、抜けた所も見せてくれたかも知れません。面白い映画でした。(60代男性)
\ 簡単登録でいろんな作品が楽しめるよ /

この作品を無料で見る

タイトルとURLをコピーしました